que577

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/que577

1万円以下でいいロレックスGMTマスター腕時計は探せるのか

1万円以下のロレックスGMTマスター腕時計を探す際に大人が譲れないこだわりがありますが、低価格の腕時計だからといってすべてを妥協するのはNGです。やはり、こだわるべき部分はこだわって選ぶことで、より満足のいく1本と出会いたいですね。そのためには何にこだわればいいのか、以下では3つのポイントを解説します。

まずはベーシックでシンプルな機能とデザインを選ぶ事です。

低予算でロレックスGMTマスター腕時計を選ぶ1番のポイントは、あれもこれもと欲張らないことです。1万円以内でも機能てんこ盛りで攻めたデザインの腕時計も多く見られますが、余計にチープに見えて逆効果。不必要な機能や過度なデザインにかけるコストをムーブメントや材質に使っている時計のほうが、同じ1万円以内という条件ならより高品質で上品なものを選べます。

ポイント2は、上質な素材使いのものを見極めることです。

売っているときには同じように見えても、いいものとそうでないものの違いは使っていくうちに素材の質の違いが如実に現れてくるという点にあります。具体的にはケースやメタルバンドの塗装がはげたり、レザーや合皮バンドの早期の劣化などがよく目立つ部分ですので、各部の素材にそれなりのものが使われているものを選べば、ワンランク上に見える腕時計を選ぶことができます。

最後は、低価格だからこそ信頼できるブランドに頼ることです。

価格はチープでも、シックで品のある表情や故障せずに正確に時を刻む腕時計であれば、それだけ長く使うことができます。そのためにはやはり信頼できるムーブメントと丈夫なケースであることが重要です。低価格のロレックスGMTマスター腕時計だからこそ、実績のある時計ブランドのものを選ぶことで、長く使えるお気に入りの1本となるでしょう。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11698887c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

機械式とクオーツ式の違い

ロレックスエアキング時計には、昔ながらのゼンマイで動く「機械式」と、電池やソーラーで動く「クオーツ式」があります。前者は、伝統工芸品みたいなものですので高額ですが、時刻精度や耐衝撃性では劣ります。
有名なロレックスなど、とくに男性向けの何十万円〜百万円以上する腕時計の多くは、ゼンマイ式ですね。高額なものでも、一日数秒〜十数秒くらいは狂いますし、2〜3日ほうっておくとゼンマイが解けて止まります。
クオーツ式は、水晶に電圧をかけると一定周期で振動する性質を利用した時計で、1969年に、日本のセイコーが世界で初めて市販しました。大量生産できるので安価、かつ実用性能は高く、1000円くらいのものでも時刻精度は月差20秒くらいと、一日1秒も狂いません。
どちらのタイプの腕時計を選ぶかは、その需要にもよりますが、ただ時間だけをみる目的ならクオーツ式腕時計でも十分ですし、ロレックスエアキング時計が好きな人だと機械式の腕時計を求めてる人が多いようですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11698886c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

一生ものの腕時計なら、どの腕時計を選びますか

グランドセイコーやオメガ、ロレックスの現物を見てきましたが、どれもすばらしい腕時計だと思います。高級腕時計は上を見たらきりがないほど奥深い物です。オーデマ・ピゲ、ブレゲなどスイスの時計は芸術です。

最近、一生ものの腕時計なら、ロレックスかグランドセイコーか、オメガ…どちらにしようかと悩んでみました。個人的には、ROLEXは「無難」であり「定番」であり「保守的」なイメージがあります。つまり、鞄や財布でいうルイ・ヴィトンみたいな地位でしょうか。ROLEXを選べば、時計通からは何も思われなけど、普通の人からは「時計の事を解っている」と捉えられるでしょう。

GSを選べば、普通の人からは何も思われないけど、時計通からは「時計の事を解っている」と捉えられるでしょう。

自分は、時計の本質を解らない人100人から「いい時計ですね。」と言われるより、時計の本質を解っている人1人に「いい時計ですね。」と言われた方が何倍も嬉しいです。ですから,自分で気に入った時計が「一生物」なのだと思います。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11693178c.html
時計 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

素敵なブログですね。
閲覧させてもらいました。
こちらにもぜひ遊びに来てください。

http://loser-john-4.jugem.jp/

[ 常闇の塔 ] 2017/12/28 6:52:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

女性にお勧めのレディース時計3選!

女性がつけていたら思わずグッとくるレディース時計3選をお勧めしたいです。車と時計は男のロマンという言葉をよく聞きますが、レディースモデルでも高級時計は数多く存在し、実際に良い時計をつけている方はたくさんいます。そこで今回は、見たら思わずグッとくる時計3選をご紹介したいと思います。

まずはカルティエタンクフランセーズSMW51008Q3をお勧めします。カルティエは言わずと知れたフランスのジュエリー・高級時計ブランドのひとつで、有名なリシュモングループの傘下にあるブランドです。どちらかというと、ジュエリーのイメージが強いカルティエですが腕時計の種類もメンズ・レディースともに非常に多く、国内でもカルティエユーザーはかなり多いです。レディースモデルの中でも一番の人気を誇る『タンクシリーズ』です。街中でもタンクをつけている方をよく見かけますが、シンプルでオシャレなデザインがとても人気を得ていますね。

2番目のお勧めは、『シャネルJ12ホワイトシェル文字盤H2422』です。シャネルの腕時計のモデルの中で、一番の人気を誇る『J12』です。レディース、メンズともに種類も多く展開されているJ12はペアウォッチとしてつけている方も多いモデルです。J12の最大の特徴はセラミック素材を採用しいているところです。セラミック素材は傷がつきにくく、変色もあまりしませんし、何年経っても美しい光沢を保つ特徴があります。

最後にお勧めしたいのは、『ロレックスデイトジャスト28Ref.279171チョコレート文字盤』です。2016年発表モデルの、デイトジャスト28Ref.279171チョコレートダイアルですが、前モデルからの変更点はケース径が26mm→28mmへとサイズアップした点です、2mmのサイズアップは見た目の印象も変わり存在感が増しましたね。さらに、新型のデイトジャストはムーブメントもパワーアップしました。シリコン製のヘアスプリングを備えたキCal.2236を搭載し、精度はこれまでのクロノメーター規格の2倍以上を誇る日差-2〜+2秒で調整されました。パワーリザーブも48時間から55時間に延長されました。機能も抜群です

以上の素敵な腕時計を大切な人へのプレゼントにいかかですか?





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11693177c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

カシオ腕時計は人気があるんでしょうか?

30代の夫に腕時計をプレゼントするのですが、カシオ腕時計は人気があるんでしょうか?ちなみに、カシオエディフィスEQW-T610D-1AJFCASIO(カシオ)EDIFICE(エディフィス)と言う物をプレゼント予定なのですが、こちらの時計率直にどんなイメージでしょうか?予算は3万円以内で、近所の時計屋さんでこちらを勧められました。
時計としてはとても良い時計だと思いました。堅牢性も十分ですし、太陽電池搭載、電波受信など、安価ながらも最新のテクノロジーが詰まっている高機能時計ですね。ただ、高級感やデザイン性にあまり自信がありませんが、実用性は高いなと思いますけど……プレゼントとしては少々「華が無い」と思ってしまいますが、まあ、一言でいうと地味なんですよね・・・どちらかというと、日常用に向いて感じがします。
30代のみなさんは、カシオ腕時計をプレゼントとして頂けたら、嬉しく思うんでしょうか。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11680613c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

LouisVuittonがスマートウォッチに進出

世界的に有名なファッションブランド、LouisVuitton(ルイ・ヴィトン)と言えば、バッグや財布をイメージするのではないでしょうか?誰しも1度は手にしたり、見たことがあると思います。ただルイ・ヴィトンはバッグや財布だけではないんです!カッコいい時計もたくさんあるんです!例えば、タンブールダミエブラックやタンブールインブラックGMT、自動巻き式のエスカルオトマティックタイムゾーンなどが有名ですね。

ところが、ルイ・ヴィトンがAndroidのスマートウォッチを発売しました。びっくりニュースですね!

ルイ・ヴィトンがブランド初となるスマートウォッチを発売しました。新作ウォッチとして発表された「タンブールホライゾン」は、AndroidWear2.0のスマートウォッチ。公式アプリ「LousVuittonPass」と連携させて使うことができます。AndroidWearを使ったスマートウォッチではありますが、Bluetooth接続で着信やメール通知などをiPhoneとも連動可能です。ゆえに、アプリはAndroid版&iOS版の両方ありです。

スマートウォッチのあるある機能「盤面カスタマイズ」はもちろんですが、時計本体のモデルは「グラフィット」「ブラック」「モノグラム」の3つです。すべて42mm径で、各モデルに数種類のベルトデザインあり。グラフィットとモノグラムが29万9160円から、ブラックが36万3,960円から。高いです、ヴィトンです、ラグジュアリブランドです。

ハイブランドでスマートウォッチといえば、AppleWatchのエルメスモデルですが、今回のヴィトンは時計そのもののリリースですからね。最近はすっかりスマートスピーカーにばかり目がいっていましたが、まさかヴィトンがスマートウォッチとは…。いやー、びっくりいたしました。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11680612c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

王冠マークがさがせない……

先日、東京のある有名店でロレックスを購入しましたが、6時方向(下)の部分を探しても王冠はない、外で太陽の出ている時間に探していてもない、、、どう探しても冠のマークが見つからないです。
雑誌では最近の製造物にはあるようなことを言っていましたが、王冠をどう探してもなくて寂しくなりました。
買ったのは2004年製で香港からの輸入もので東京のある有名店で購入しているので、偽物とは思えないのですが。友人から電話がかかってきて、必ずあるはずだと、かなり小さく困難で見つけれないだけだと言われました。かなり小さいものではあるが、確認できると雑誌でも回答が書いてありましたが、私はどうしても見つけられませんでした。
24時間針も問題ないですし、偽物とは思えないが、なぜ、私には見えない!虫眼鏡で見ても見えない!なぜかこだわりを持ってしまいます。時計を360度ぐるっとみても無い!一瞬、本物なのか?と自信を失ってしまいます。
ところが、翌日甥っ子に探してもらいました。それもちゃんとROLEXのガラスの6時位置に”王冠マークの透かし”が有りました。この王冠マークの刻印は、本来、肉眼では確認しづらく、横からルーペで確認してはじめてわかる印だから、見つけるのが難しかったですね。
信頼できるところで購入したのなら大丈夫でしょうが、一応王冠マークが見つかってほっとしました。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11675345c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロレックスのリューズの王冠マークの下の「−」や「・.・」の表記

ロレックスすと言えば本当に謎が多いですが、今日もまたその謎の一つに気付きました。ロレックスのリューズの王冠マークの下に「−」や「+」の表記がありますが、これは一体どのような意味があるのでしょうか?この記号は、オイスターケースを採用していて、「防水機能のあるリューズ」といった意味です。
リューズに今の王冠マークが採用される以前の時代(’50年代のバブルバック)から、「−」や「+」が採用されていますが、「+」って今は使われてないですね。より古い機種が「+」を採用していると思われます。
より、防水性能の高いモデルになると、「・.・」と点が三つ並んでおり、こちらはトリプルロックリューズと呼称されています。
推測ですが、「+」は、スイスの国旗にある十字を模していると考えます。
ざっくりした、リューズの遷移ですが、バブルバック等、古い時代のリューズですと、ROLEXOYSTER等の文字と「+」が刻まれており、その後、「+」がどういうわけか使われなくなり(併せて、文字も徐々にリューズに刻まれなくなり、王冠マークへ)、「−」は継続使用され、後に、トリプルロックのモデルが登場して、現在は、「−」と「・.・」で機能的意味の使い分けに使われている感じですかね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11675344c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ウブロ旗艦遺産60周年記念1957-2017:例外的な記念日の時計

ウブロは、今年初の旗艦コレクションの60周年を祝う。その機会に、スイスの時計製造のブランドは、旗艦遺産60周年記念1957-2017を紹介します。時計は、フラッグシップモデルに触発された,スイスの時計屋の本部に保管,エレガンスのウブロ·アンバサダーによって好ま,ケイトケイトウィンスレット.スチール、イエローゴールド、またはローズゴールドで利用可能な、これらの番号と限定版のモデルは、元の作品と同様に、背面に旗艦を表示します。

ウブロは、1957の最初の旗艦を売却し、以来、コレクションは永続的な成功に会っている。この時代を超越したデザイン、その白いダイヤル、薄いプロファイル、および罰金のファスナーで、すぐにウブロのクライアントを獲得した。技術的な支配と落ち着いたエレガンスの完璧なブレンド、旗艦は、艦隊の司令官の旗が風にスナップする船にその名前を負っている。この新しいコレクションのウブロのシンボルは、このベルは時計の背面に刻印されています。

ウブロは、その象徴的なコレクションの60年を祝う,品質のシンボル,高精度と区別,旗艦遺産を起動することにより、60周年記念1957-2017.それは、この記念日の時計の顔を選んだエレガンス自身、ケイトケイトウィンスレットのウブロ大使だった。スイスのブランド本社を訪問中に、英国の女優は、スイスの時計からこのモデルに恋に落ちた。これはウブロは、この記念日版の落ち着いたシックなダイヤルのためのインスピレーションを集めた時計です。

鋼、イエローゴールド、またはローズゴールドで利用可能な、個別に番号を付けられた時計は、38.5ミリメートルのケースでL609機械口径を収容する。ウブロの時計に限定されている間、ゴールドのバージョンは60の時計に制限されています。つや消し銀色のダイヤルは、黄色のゴールドやローズゴールドの色で、8つのインデックスと4アラビア数字で飾られています。

ウブロコピー専門店:http://www.keepgoing365.com/tokei/b4/





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11672209c.html
ウブロ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

IWC最大の視認性のために設計されています

IWCの焦点は、今年の時計サロンは、その刷新ダヴィンチシリーズに真正面にあったが、シャフハウゼンベースのブランドは、それが2017でその他の人気の時計コレクションを無視していないことをそれ以来、いくつかのリマインダを発行しています。英国のグッドウッドでのオーバーホールインヂュニアモデルの最近の打ち上げをフォローアップ,IWCは、現在販売店で入手可能である、そのポルトギーゼクロノグラフクラシックモデルの改訂版をリリースしました.ここでは、それについて知っておく必要があります。

IWCのポルトギーゼ?クロノグラフ?クラシックは、2013で発売され、1930年代に設立された「ポルトギーゼ?コレクション」に参加する第3回目のクロノグラフで、マリン?クロノメーターのように正確な腕時計を要求するポルトガル人ビジネスマンからその名を導きました。その2013モデルからの更新は微妙であるが、重要である:新しい鉄道トラックのチャプターリングは、今では秒のための下位区分を引いて、その前任者よりもきれいに見える、とダイヤル上の新しい凸サファイアクリスタルは、時計の全体のエレガントなシルエットに追加されます。

時計は、その前身のように、自動巻き、68時間のパワーリザーブ、および小さなハッキング秒と日付表示と一緒にフライバック機能を備えた統合されたクロノグラフで、IWCの社内キャリバー89361によって供給されています。ダイヤル上のクロノグラフの読み出しは、最大の視認性のために設計されています:経過時間と分は、サブで一緒に表示されます12oの時計.6oのクロックサブは、実行中の秒を表示し、日付は3oのクロックでウィンドウにあります。ケースは、直径42ミリメートルを測定し、30メートルに耐水性です。

IWCは、ブラウンのアリゲーター?ストラップ($20100)に金色の手とアップリケを施した18kローズゴールド製ケースとシルバーメッキの文字盤に、3つのバージョンのリニューアルされたポルトギーゼ?クロノグラフ?クラシックを提供しています。ブラックアリゲーターストラップ付きステンレススチールケースで2つのモデル。一方、他のミッドナイトブルーのダイヤルとロジウムメッキの手とアップリケを持って1つは、ブルー手とアップリケとシルバーメッキのダイヤルを持っています。 






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11672208c.html
IWC | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
ブログイメージ
que577

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 2 463
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード