liyi522

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/liyi522

IWC時計職人の歴史の中で真のアイコンを生産

今年、IWCは、チャールズリンドバーグによって飛行され、スイスの時計職人によって計られた史上初のノンストップソロ大西洋横断飛行の90周年を祝っている。機会のために、ブランドは彼の歴史的な飛行を次の有名な飛行士とのパートナーシップで設計されたその時間の角度の時計の番号と限定版で90時計を提示しています。この例外的なチタニウムおよび鋼鉄時計は歴史、冒険および時計製造について熱情的である人のために意図されている。

ニューヨーク、5月20日、1927、7:52午前:「セントルイスの精神」はルーズベルト空港を去る。その目的地:パリの近くのルブルジェ空港。コントロールでは:チャールズa.リンドバーグという名前の若いアメリカのIWC。33と1時間半後、リンドバーグは、最初のノンストップソロ大西洋横断飛行を完了した後、ルブルジェで着陸します。歴史的快挙だった。ワールドエアスポーツ連盟のオフィシャルタイムキーパーとして、IWCは、タイミングリンドバーグのフライトでこの腕前のホモロゲーションに貢献し、航空記録のリストに追加しました。

IWCとのパートナーシップでチャールズリンドバーグ自身によって設計された、この時計は、長距離フライト中の経度の正確な決定を可能にします。その結果は、迅速かつ効率的に、そして大きな精度で地理的な位置を見つけることができます。今日では、IWCは、リンドバーグのアワーアングルウォッチ90周年、90の時計に限定された番号シリーズで伝説的な時計の新版をリリースすることにより、チャールズリンドバーグの驚くべき偉業とその計時の90周年を記念しています。オリジナルの時計と同様に印象的な,このモデルは、47.5ミリメートルを測定します,これは、それが簡単に読んで、暗闇の中で操作し、時代の航空機に共通していた振動を受けることができます.それは今日の現代冒険者の手首で身に着けられているとき賛美者の注目を引く。時間の方程式の補正と2番目の同期を可能にする回転中央ダイヤルを可能にする回転ベゼルを装備し、この時計は、時間、分、秒を示すことに加えて、度数とアークの分で時間の角度を示しています。

控えめな、つや消しシルバーダイヤルは、描かれたローマ数字でトラック分円の時間を表示し、経度を計算するための180°のスケールを備えています。ラジオタイム信号を持つ秒針の同期は、黒のpvd鋼の回転ベゼルが考慮に入れられる時間の方程式の毎日の変化を可能にしながら、ガルバニック黒回転中央ダイヤルを使用して実現されています。L699の自動口径は、たの指でも、風にしやすい大規模な鋼冠で飾られている90周年リンドバーグアワーアングルウォッチのチタンケースに収められています。ブラウンレザーの飛行士タイプのストラップは、時計が特大のIWCジャケットに取り付けられるように拡張機能を装備し、この例外的な時計に仕上げのタッチを置きます。

IWCダ・ヴィンチコピー販売:http://www.keepgoing365.com/tokei/s61/






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11653289c.html
IWC | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
紳士の旅行者の新しいIWCショパールgmtと1つ1つのタイムトラベラー
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
liyi522

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 6 378
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード