liyi522

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/liyi522

20万~30万円代の予算であれば、シチズン、セイコーの時計を選びます

シチズンの『ザ・シチズン』、セイコーの『グランドセイコー』は、部品から組み立てまで全て自社で行われています。そして機械式としてはあり得ないほどの精度を実現しています。
クオーツもいいですね。精度が他社より頭ひとつ抜きん出ています。
見た目がダサい!と言う人もいますが、ダサいと言うのは転じて地味!ということですね。
何故地味なのでしょうか。無駄なものを取り払った正統派だからです。例えばグランドセイコーのコンセプトは、最高の普通で、ザ・シチズンやグランドセイコーなどは日本のロレックスエアキング腕時計だと思います。そして、何故これらのような日本製品を選ぶかは、目立ちたくないが、誇りを持っているからだと思います。
日本メーカーって、価格と品質が比例しています。グランドセイコーのクォーツ、ザ・シチズンのエコドライブモデル、どちらも技術的にその会社しか作れない特別なロレックス時計だと思います。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11698078c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

難しい腕時計の鑑定

ロレックス、カルティエなどの人気の高級時計は、どの時代でも人気があります。ロレックスを始め、海外有名ブランド時計の偽物が多くなっています。例えば、世界でも知名度の高い高級時計、ロレックスは、20世紀初頭に時計商社としてイギリスで創業したメーカーだが、多くの偽物や品が出回っています。特に人気モデルのデイトナは、本物と見分けがつかないほどの精巧な品が流通しているようである。
なぜ、本物と偽物の区別が難しくなったんでしょうか。それは、当たり前と言いながらも、偽物の製造技術が高くなったからですね。細かい部分まで気をつけてよ〜く調べてみないと違いはわかりません。また、本物の製造工程や特徴を隅々までわかっていないと見抜けないのですね。
世の中数ある名だたるブランド時計。しかもシリーズもおびただしいほどありますから相当大変です。しかし「本物をとにかく見る」ことが大事です。本物をきちんと見ていると、偽物の違和感に気づけるようになるだそうです。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11698077c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
liyi522

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 7 781
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード