liyi522

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/liyi522

パイロットウォッチの元祖はあのカルティエ

パイロットウォッチの元祖って実はカルティエのサントスが元祖なんですね。このサントス、生まれてから早100年が経っています。カルティエというとジュエリーやレザー用品に目が行きがちで、時計というと時計好きの方々からは敬遠されがちですが、実は老舗中の老舗なんです。過去の偉大な飛行家といえばあのライト兄弟の名前を聞いたことのある方、かなり多いと思いますが、そのライト兄弟と肩を並べるほど有名だったのが「アルベルト・サントス・デュモン」です。ライト兄弟が有名すぎて、若干影に隠れている感はありますが、生前にはヘリコプターの開発にも携わっており、航空業界では知らない人はいないほどの有名人です。
そんなサントスとルイ・カルティエは、もともと友達で「飛行中でも手を離さずに使用できる見やすい時計を作ってくれ」との依頼を受けて製作したのがサントスという腕時計でした。「アルベルト・サントス・デュモン」の名前をそのままモデル名として使用し名付けられました。
1900年代頭といえばまだオメガが女性用の腕時計にちゃちゃっとベルトをつけたものが出たくらいのころで、全く人気が出なかったそうです。カルティエも1880年頃にレディースのジュエリーウォッチを販売したことはありましたが、本格的な時計を作るのは初めてでした。
じゃあなんでカルティエは命に関わるようなパイロットウォッチの製作を受けたんでしょう?そこには以前より交友のあったエドモンド・ジャガー(ジャガー・ルクルト)がバックについていたんですね。それでスムーズに時計の製作が開始しました。超薄型キャリバーの大量生産に成功します。ということは・・・カルティエのムーブメントは全てジャガー・ルクルト製だったんですね。こうして世界初のパイロットウォッチが誕生しました。ちなみに現在、カルティエとジャガー・ルクルトは同じ傘下にあるブランドでもあります。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11683582c.html
カルティエ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

カルティエの腕時計は、オークションのために上がる

カルティエいくつかのアーティストの方が折衷的で神秘的でした。芸術の彼の特定の様式がつかまえ始めたら、ウォーホルは彼のより多くの風変りなプロジェクトのいくつかを追求するために財政資源と報酬を与えられた。ウォーホルが行ったことの一つは、1974のマンハッタンの真ん中に6階建てのタウンハウスを調達し、その後、これまで彼の持ち物をアンパックせずに移動しました。どのような奇妙なこの動作を行ったウォーホルは、彼が感じたのいずれかの貴重なまたはユニークだった彼の手を得ることが何かの評判のコレクターだったということです。その結果、ユニークなアイテムの彼のコレクションは、のボックスに詰め込ま座っていた。

1987の彼の死の後で、彼の不動産の管理者は内容を販売し、彼の最終的な義務で解決するためにそれらの詰められた箱を通って始めた。カルティエカリブルドゥカルティエコピー販売ほとんどの人々の家のパックされた箱の内容間のジーンエミール Puiforcarの銀製かピエールLefrainのテーブルを見つけることは一義的な発見である。しかし、これらの種類のアイテムがアンディウォーホルのタウンハウスで発掘されたとき、それはコースのパーと考えられていた。また、ウォーホルの所有物の間では、カンザスシティアートコレクターデビッドStickelbarにオークションで販売されて巻き上げブラッククロコダイルストラップとゴールドのソロ時計だった。カルティエが2011に逝去されたとき、彼の財産も清算する予定だった。その清算の一部は11月2012で発生し、それはウォーホルの時計が含まれます。

カルティエ時計、ブランドの新しい、全国の任意の小売店で約$2000のために行くだろう。この特定のタンクのソロは、かつてアンディウォーホルに属していたため、所有権のそのチェーンは、証明することができる、このデザイナーの時計は約$2500の価値があると推定される。それは彼が1970年代にそれを買ったときにウォーホルはそれのために多くの$1000を支払ったことは疑わしいです。しかし、それはこの美しい時計の値を増加している彼の人生への陰謀です。

別に、元の所有者の歴史から、このカルティエタンクソロ時計については全く特別なものはありません。それは、ウォーホルだけでなく、Stickelbarに特別な彫刻を持っていない、無原罪の形で時計を保った。誰もが時計を買って、それが1970年代に行われたときにしたように豪華な今日のように見える素晴らしいカルティエ時計を購入されます。しかし、チャンスはアンディウォーホルの遺産の一部を所有する毎日に沿って来ていない、それはこのオークションは非常にコレクターに特別なものです。

弊社は「信用第一」をモットーにお客様にご満足頂けるよう
店舗: laurenhillss.com/
店長: 菊地博美
連絡: laurenhillsss@yahoo.co.jp
ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております

ラドー(Rado)のレディース腕時計:Chrono24で早速、お求めのラドー(Rado)レディース腕時計を見つけましょう。高級時計の世界市場?豊富な品揃え?安全に購入.






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11653294c.html
カルティエ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
liyi522

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 16 388
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード