liyi522

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/liyi522

20万~30万円代の予算であれば、シチズン、セイコーの時計を選びます

シチズンの『ザ・シチズン』、セイコーの『グランドセイコー』は、部品から組み立てまで全て自社で行われています。そして機械式としてはあり得ないほどの精度を実現しています。
クオーツもいいですね。精度が他社より頭ひとつ抜きん出ています。
見た目がダサい!と言う人もいますが、ダサいと言うのは転じて地味!ということですね。
何故地味なのでしょうか。無駄なものを取り払った正統派だからです。例えばグランドセイコーのコンセプトは、最高の普通で、ザ・シチズンやグランドセイコーなどは日本のロレックスエアキング腕時計だと思います。そして、何故これらのような日本製品を選ぶかは、目立ちたくないが、誇りを持っているからだと思います。
日本メーカーって、価格と品質が比例しています。グランドセイコーのクォーツ、ザ・シチズンのエコドライブモデル、どちらも技術的にその会社しか作れない特別なロレックス時計だと思います。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11698078c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

難しい腕時計の鑑定

ロレックス、カルティエなどの人気の高級時計は、どの時代でも人気があります。ロレックスを始め、海外有名ブランド時計の偽物が多くなっています。例えば、世界でも知名度の高い高級時計、ロレックスは、20世紀初頭に時計商社としてイギリスで創業したメーカーだが、多くの偽物や品が出回っています。特に人気モデルのデイトナは、本物と見分けがつかないほどの精巧な品が流通しているようである。
なぜ、本物と偽物の区別が難しくなったんでしょうか。それは、当たり前と言いながらも、偽物の製造技術が高くなったからですね。細かい部分まで気をつけてよ〜く調べてみないと違いはわかりません。また、本物の製造工程や特徴を隅々までわかっていないと見抜けないのですね。
世の中数ある名だたるブランド時計。しかもシリーズもおびただしいほどありますから相当大変です。しかし「本物をとにかく見る」ことが大事です。本物をきちんと見ていると、偽物の違和感に気づけるようになるだそうです。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11698077c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パネライ腕時計のクオーツの寿命について

よく、「機械式の腕時計は一生使うことができる」と言いますが、クオーツの腕時計は一生使うことはできませんか?確か交換する部品がメーカーにそんなに長く置いてない、みたいなのが理由でしたっけ?日本製の腕時計ならできそうな気がしますが、外国製の腕時計はどうでしょう?例えば、ハミルトンの腕時計のクオーツなど、電池交換を繰り返したりして、完全に使えなくなるまで何年程度使うことができるんでしょうか?

機械式パネライ時計というのは、懐中時計の時代からも含めて、数百年というスパンで耐久実験がなされているわけですね。一方、クォーツ腕時計というのは、初めて世の中に出てから、まだ40年ちょっとしか経っていないのです。ですから、クォーツ腕時計は、その経年耐久試験をやっているようなものなんです。まだ、どれだけもつのかは、分からないということです。今のところわかっていることは、製造後30年くらいの、初期クォーツ時計が、現在ばんばん不動になってきているということです。

アンティーク中古市場には、「たまたま好調に動いている個体」が出回りますから、昔のクォーツ時計が元気に今も動いているかのような錯覚におちいりますけれど、ばんばん止まっています。そして、セイコーでも修理がきかないという場合がかなり多数にのぼるようです。部品がありませんものね。たまたま「セイコーで修理してもらえた!」というケースもあるようですが、それは本当にたまたま、昔の部品が残存していたという場合だと思います。
パネライ時計用の電子部品というのは、基本的に再生産されないと聞いております。つまり、「昔の規格のまま通じるように最近作った代替部品」みたいなものはないんだそうです。ですから交換部品は、昔の時計の製造当時にストックしておいた部品だけらしいです。
こうした事情は国内メーカーでも海外メーカーでも、基本、同一だろうと考えられます。現代において製造されたクォーツ腕時計が、どのくらい耐久するのかは、実際に使ってみないとわかりません。
なお、一生使うとしたら、機械式だって莫大な労力と費用がかかりますから、同じといえば、同じですね。ただ、機械式には実際に一生以上の時間を持たせてきた実績とノウハウが蓄積されていますから、そういう意味で安心ですね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11692410c.html
パネライ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロレックス投資

ロレックス投資という言葉を聞いた事がありますか?これは、生産終了が発表されたモデルや、生産数が少ないレアモデルを購入して、数年から数十年後に価値が上がった時に売却して儲ける方法です。
しかし、価値が上がるまでに長期間を要したり、価値が上がらない可能性もあり、逆に損をしてしまう恐れもありますが、低リスクで簡単に儲ける方法をご紹介します。
方法はいたって簡単ですですが、入手困難な人気モデルを購入して売却するだけです!
ロレックスには正規店で定価で入手することが困難なモデルが存在します。その為、入手困難モデルは並行輸入品店などで、定価を上回るプレミアム価格で取引されます。その為、買取金額も並行品店での売値を考えて提示されるので、必然的に定価以上で買取りされることが多いです。この仕組みを利用して儲ける方法です。
ただ仕組みは簡単ですが、ただでさえ入手が難しく数も少なく、この仕組みを知っているライバルも多いので、商品が売っている場面に会う強運と・ある程度のコネクション・行動力が必要になります。
あとはどんな商品が高く売れるのか把握する必要もあります。
狙う時計は、例えば、2016年に発売されたロレックスの新作モデルのロレックスデイトナ116500LNです。まだまだ市場に出回っている数が少なく、とても人気があるので儲かる金額が高いです。
または、ロレックスデイトナ116520、こちらは、最初に紹介したデイトナ116500LNの1世代前のモデルで、生産終了になったモデルです。生産終了する前からロレックスの中でも1番人気の商品で、正規品店で一般の人が購入するのはほぼ不可能なモデルでした。
ほかにも、ロレックスディープシーDブルー116660D、こちらは驚異の防水性能3900mの超本格的ダイバーズウォッチです。この時計も2014年に誕生して以来、ずっと人気で正規店では入手できないモデルです。
グリーンカラーが特徴的な、ロレックスサブマリーナデイト116610LVも投資目的としてお勧めです。
いかがでしょうか?運よく入手出来たら最高ですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11692409c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アップルウォッチ

今年は、昨期に6000億円もの売上を記録したApple社のアップルウォッチが話題です。

1つのメーカーが作った腕時計としてみると世界一の売上と言えます。

時計を着ける人が増えたと喜ぶべきなのでしょうか?今年で10年になる「スマートフォン」のiPhoneです。更に10年前に普及しはじめた「携帯電話」フューチャーフォンでした。それ以前は「ポケベル」でした。
10年単位で大きくトレンドが変わってしまうので「ウェアラブル端末」のスマートウォッチも爆発的に広がり、また収束してしまうかと思われます。

機械式時計メーカーは静かに、我関せずと傍観しているのでしょうか・・・

1番売れているアップルウォッチで3万円程度ですが、一体何個売ったんだ・・・

たしかに「便利」なのかも知れませんね。以前にペブルというスマートウォッチを短期間使用しましたがLINEなどが読めたりするのは便利でした。問題は「充電」と何十年も使えないということですね。同価格でG-SHOCKなら10年以上使えます。毎年毎年買い替えると・・・一生でどれだけ高額になるのでしょう。

アップルウォッチとロレックスを同時に所有している人は結構いると思います。ロレックスを持っていてアップルウォッチも持っている人はたくさんいないでしょう。逆にアップルウォッチを持っていてロレックスは持っていない!って人はたくさんいそうです。

使い道が異なるので別物なんですが、「スマホ」持ってたら腕時計が要らない!と言う若者の腕時計離れの世代にはアップルウォッチが「腕時計」好きへのきっかけになってもらいたいものです。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11688082c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

その中でHUBLOT(ウブロ)と言う高級時計ブランドがあります

スイスのウブロ腕時計は有名ですが、その中でHUBLOT(ウブロ)と言う高級時計ブランドがあります。100年くらいの歴史を誇る有名ブランド時計がたくさんあるスイスで、ウブロ腕時計は1979年に創業して以来40年近い歴史しか持ってませんが、その知名度は超〜が付くほど有名ブランドです。世界で活躍するスポーツ選手やビジネスリーダーなど多くのセレブリティたちに愛用されています。
ウブロと言うブランド名はフランス語から命名された言葉ですが、フランス語で「舷窓」を意味しています。という事で、ウブロ時計のデザインを見ると、船の丸窓を連想させるデザイン特徴です。
ウブロは設計や素材に非常に強いこだわりを持っていますが、現在のウブロ公式HPには、ウブロの時計で使用されている13種類の素材の紹介を見る事ができます。中でも「マジックゴールド」はウブロが新しく特許を取得した新素材で、なんと純金とセラミックを融合させました!一般的な18金ゴールドに比べ、傷の付きにくい超硬質ゴールドです。ウブロの特徴――「フュージョン」を進化させるために、様々な素材を取り入れて現在革新的なスタイルで注目を集めています。
ウブロ腕時計はハイエンドモデルからビッグバンなどの人気モデルまで、メンズモデルはもちろん、レディースモデルもたくさん揃えています。ウブロに関心があるんでしたら是非今度覗いて見てください。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11688081c.html
ウブロ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

3万円以内の日本メーカーの腕時計

既に11月にはいりましたね。今年もそろそろ終わりを告げるんですが、クリスマスのプレゼントを用意する時期になりましたね。夫や彼氏に送るプレゼントとして腕時計は非常に評判が良いのですが、その中でも3万円以内で購入できる日本制のパネライコピー腕時計を調べてみました。どちかと言えばビジネスシーンでも使える腕時計が好ましいですね。
まず、カシオの腕時計です。カシオと言えば日本人に馴染んでいるメーカーで技術や使いやすさと言えば、こちらを選ぶと無難ですね。カシオだとたくさんのビジネスタイプに合わせたメンズ腕時計のモデルがたくさんそろっているので、お気に入りの一点が探せると思います。
次の二番目は、オリエントの腕時計です。オリエントと言えばフォーマルでありながら遊び心を忘れないユニークなデザインが微力です。デザインにこだわりを持っている男性にはいいと思います。
三番目はシチズンのメーカーです。シチズンは国産三大ブランドの一つでとても信頼できる腕時計です。シチズンはシンプルながらも、お堅いビジネススーツにも負けない上品なデザインが素敵です。
30000円以内で日本メーカーの腕時計を探してるんだったら、是非ご参考にしてください。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11688080c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

エンポリオアルマーニ腕時計とダニエルウェリントン腕時計

彼氏へのプレゼントを探していますが、予算は3万円以内で抑えたいです。彼氏は大学4年生で、あと半年くらいで社会人になります。仕事でもプライベートでも使えるメンズ時計が良さそうで、腕時計二種類を選んでみましたが、どちにしようかいます。

一つ目のは、エンポリオアルマーニです。こちらは時計はなんかどっしりしたデザインで男らしいメンズ感があると思いました。とてもシンプルなので、仕事でもプライベートでも使えるしブランド名も響くのでいいと思いました。

もうひとつは、ダニエルウェリントンを選びました。こちらのロレックス腕時計もシンプルさが特徴ですが、個性があるデザインだなと思いました。余計な装飾は一切なくて、どんな使い方にも合いそうでした。どちらもシンプルなデザインで選びましたが、若い男性ならどちらの腕時計にもっと惚れるでしょうか?アドバイスをお願いします。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11683583c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パイロットウォッチの元祖はあのカルティエ

パイロットウォッチの元祖って実はカルティエのサントスが元祖なんですね。このサントス、生まれてから早100年が経っています。カルティエというとジュエリーやレザー用品に目が行きがちで、時計というと時計好きの方々からは敬遠されがちですが、実は老舗中の老舗なんです。過去の偉大な飛行家といえばあのライト兄弟の名前を聞いたことのある方、かなり多いと思いますが、そのライト兄弟と肩を並べるほど有名だったのが「アルベルト・サントス・デュモン」です。ライト兄弟が有名すぎて、若干影に隠れている感はありますが、生前にはヘリコプターの開発にも携わっており、航空業界では知らない人はいないほどの有名人です。
そんなサントスとルイ・カルティエは、もともと友達で「飛行中でも手を離さずに使用できる見やすい時計を作ってくれ」との依頼を受けて製作したのがサントスという腕時計でした。「アルベルト・サントス・デュモン」の名前をそのままモデル名として使用し名付けられました。
1900年代頭といえばまだオメガが女性用の腕時計にちゃちゃっとベルトをつけたものが出たくらいのころで、全く人気が出なかったそうです。カルティエも1880年頃にレディースのジュエリーウォッチを販売したことはありましたが、本格的な時計を作るのは初めてでした。
じゃあなんでカルティエは命に関わるようなパイロットウォッチの製作を受けたんでしょう?そこには以前より交友のあったエドモンド・ジャガー(ジャガー・ルクルト)がバックについていたんですね。それでスムーズに時計の製作が開始しました。超薄型キャリバーの大量生産に成功します。ということは・・・カルティエのムーブメントは全てジャガー・ルクルト製だったんですね。こうして世界初のパイロットウォッチが誕生しました。ちなみに現在、カルティエとジャガー・ルクルトは同じ傘下にあるブランドでもあります。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11683582c.html
カルティエ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

安いものにはわけがある!と言われるが、10000円以内で良い腕時計は探せますか?

価格はチープでも見た目はGOOD。そんな理想のロレックス腕時計の1本は存在しますか?大人であれば、時間を知るのにスマホではなく腕時計を使いたいものです。しかし上を見たらキリがないのが腕時計ですね。腕時計に潤沢な予算をかけることが難しいならば、とりあえず低価格で見た目も機能も大人が着用しても恥ずかしくないものを選びたいところですが、そんな理想の1本は存在するのでしょうか?答えは「Yes」。選ぶポイントさえ間違えなければ、低予算でもクオリティの高い腕時計が選べます。
アンダー1万円でも大人にマッチする腕時計をいくつかご紹介します。

『チーポ』ハロルド/7,344円(税込)
今シーズン多くのブランドやセレクトショップが注目する『チーポ』は、2005年に誕生したスウェーデンのブランド。ブランドの名が示すとおり、チープでポップでありながら、シンプルでセンスのいいデザインで、非常にコストパフォーマンスに優れた腕時計をラインアップ。こちらのハロルドは好例ですね。

『タイメックス』ウィークエンダーヴィンテージ/7,790円(税込)
アメリカのウォッチブランド『タイメックス』の中でも、日本での人気が非常に高いウィークエンダーシリーズ。中でもこのモデルは深みのあるカラーリングとヴィンテージ風のデザインで大人のカジュアルスタイルにピッタリの1本。上質で柔らかなレザーバンドも雰囲気です。

『シチズン』レグノソーラーテック/9,800円(税込)
昨今腕時計のトレンドとなっているシンプルでスマートなデザインをまとったこのモデル、この価格で電池交換のいらないソーラーテックを搭載している点に注目。もちろん日本が世界に誇る『シチズン』製のムーブメントは信頼性の高いのも特徴。ビジネスからカジュアルまで幅広く使えます。

『シチズン』クオーツ/9,057円(税込)
日付、曜日や24時間計を搭載した42mmの存在感のあるフォルムのこのモデルは、とてもこの価格には見えない高級感。それでいてギラついた派手さのないところが非常に好印象なモデル。カジュアルスタイルにはもちろん、ビジネスシーンでも使いやすい1本となっています。

『タイメックス』オリジナルキャンパー/8,964円(税込)
視認性や耐久性が高く実用性に優れたミリタリーウォッチは、カジュアルスタイルに相性のいい腕時計です。1980年代に発売され人気となったキャンパーをクォーツムーブメントに置き換えて復刻したこのモデルは、デニムやチノパンを使ったラフなカジュアルに非常に相性のいい1本です。

『ニクソン』レンジャー40/9,720円(税込)
定番的な人気を誇るアメリカの老舗ウォッチブランド『ニクソン』のミリタリーウォッチ。このレンジャー40はシックなカラーリングでオンタイムやきれいめカジュアルとも好相性の仕上がりに。バンドはレザーブランドホーウィン社のレザーを使用し、より高品位なルックスになっています。

『ブロニカ』BR-817/9,800円(税込)
低価格で高品質な腕時計を作り続けている『ブロニカ』の腕時計はすべて日本製。細部までこだわった技術と信頼性、そして品のある端正なルックスで人気を博しています。本格的なクロノグラフとして、ビジネスでもカジュアルでもシーンを選ばず着用できる頼もしい1本です。

いかがでしょうか?あなたが気に入ってる低価で品の良い腕時計はどれでしょうか?





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11679876c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
ブログイメージ
liyi522

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 3 676
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード