liyi522

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/liyi522

エンポリオアルマーニ腕時計とダニエルウェリントン腕時計

彼氏へのプレゼントを探していますが、予算は3万円以内で抑えたいです。彼氏は大学4年生で、あと半年くらいで社会人になります。仕事でもプライベートでも使えるメンズ時計が良さそうで、腕時計二種類を選んでみましたが、どちにしようかいます。

一つ目のは、エンポリオアルマーニです。こちらは時計はなんかどっしりしたデザインで男らしいメンズ感があると思いました。とてもシンプルなので、仕事でもプライベートでも使えるしブランド名も響くのでいいと思いました。

もうひとつは、ダニエルウェリントンを選びました。こちらのロレックス腕時計もシンプルさが特徴ですが、個性があるデザインだなと思いました。余計な装飾は一切なくて、どんな使い方にも合いそうでした。どちらもシンプルなデザインで選びましたが、若い男性ならどちらの腕時計にもっと惚れるでしょうか?アドバイスをお願いします。







goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11683583c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パイロットウォッチの元祖はあのカルティエ

パイロットウォッチの元祖って実はカルティエのサントスが元祖なんですね。このサントス、生まれてから早100年が経っています。カルティエというとジュエリーやレザー用品に目が行きがちで、時計というと時計好きの方々からは敬遠されがちですが、実は老舗中の老舗なんです。過去の偉大な飛行家といえばあのライト兄弟の名前を聞いたことのある方、かなり多いと思いますが、そのライト兄弟と肩を並べるほど有名だったのが「アルベルト・サントス・デュモン」です。ライト兄弟が有名すぎて、若干影に隠れている感はありますが、生前にはヘリコプターの開発にも携わっており、航空業界では知らない人はいないほどの有名人です。
そんなサントスとルイ・カルティエは、もともと友達で「飛行中でも手を離さずに使用できる見やすい時計を作ってくれ」との依頼を受けて製作したのがサントスという腕時計でした。「アルベルト・サントス・デュモン」の名前をそのままモデル名として使用し名付けられました。
1900年代頭といえばまだオメガが女性用の腕時計にちゃちゃっとベルトをつけたものが出たくらいのころで、全く人気が出なかったそうです。カルティエも1880年頃にレディースのジュエリーウォッチを販売したことはありましたが、本格的な時計を作るのは初めてでした。
じゃあなんでカルティエは命に関わるようなパイロットウォッチの製作を受けたんでしょう?そこには以前より交友のあったエドモンド・ジャガー(ジャガー・ルクルト)がバックについていたんですね。それでスムーズに時計の製作が開始しました。超薄型キャリバーの大量生産に成功します。ということは・・・カルティエのムーブメントは全てジャガー・ルクルト製だったんですね。こうして世界初のパイロットウォッチが誕生しました。ちなみに現在、カルティエとジャガー・ルクルトは同じ傘下にあるブランドでもあります。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11683582c.html
カルティエ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

安いものにはわけがある!と言われるが、10000円以内で良い腕時計は探せますか?

価格はチープでも見た目はGOOD。そんな理想のロレックス腕時計の1本は存在しますか?大人であれば、時間を知るのにスマホではなく腕時計を使いたいものです。しかし上を見たらキリがないのが腕時計ですね。腕時計に潤沢な予算をかけることが難しいならば、とりあえず低価格で見た目も機能も大人が着用しても恥ずかしくないものを選びたいところですが、そんな理想の1本は存在するのでしょうか?答えは「Yes」。選ぶポイントさえ間違えなければ、低予算でもクオリティの高い腕時計が選べます。
アンダー1万円でも大人にマッチする腕時計をいくつかご紹介します。

『チーポ』ハロルド/7,344円(税込)
今シーズン多くのブランドやセレクトショップが注目する『チーポ』は、2005年に誕生したスウェーデンのブランド。ブランドの名が示すとおり、チープでポップでありながら、シンプルでセンスのいいデザインで、非常にコストパフォーマンスに優れた腕時計をラインアップ。こちらのハロルドは好例ですね。

『タイメックス』ウィークエンダーヴィンテージ/7,790円(税込)
アメリカのウォッチブランド『タイメックス』の中でも、日本での人気が非常に高いウィークエンダーシリーズ。中でもこのモデルは深みのあるカラーリングとヴィンテージ風のデザインで大人のカジュアルスタイルにピッタリの1本。上質で柔らかなレザーバンドも雰囲気です。

『シチズン』レグノソーラーテック/9,800円(税込)
昨今腕時計のトレンドとなっているシンプルでスマートなデザインをまとったこのモデル、この価格で電池交換のいらないソーラーテックを搭載している点に注目。もちろん日本が世界に誇る『シチズン』製のムーブメントは信頼性の高いのも特徴。ビジネスからカジュアルまで幅広く使えます。

『シチズン』クオーツ/9,057円(税込)
日付、曜日や24時間計を搭載した42mmの存在感のあるフォルムのこのモデルは、とてもこの価格には見えない高級感。それでいてギラついた派手さのないところが非常に好印象なモデル。カジュアルスタイルにはもちろん、ビジネスシーンでも使いやすい1本となっています。

『タイメックス』オリジナルキャンパー/8,964円(税込)
視認性や耐久性が高く実用性に優れたミリタリーウォッチは、カジュアルスタイルに相性のいい腕時計です。1980年代に発売され人気となったキャンパーをクォーツムーブメントに置き換えて復刻したこのモデルは、デニムやチノパンを使ったラフなカジュアルに非常に相性のいい1本です。

『ニクソン』レンジャー40/9,720円(税込)
定番的な人気を誇るアメリカの老舗ウォッチブランド『ニクソン』のミリタリーウォッチ。このレンジャー40はシックなカラーリングでオンタイムやきれいめカジュアルとも好相性の仕上がりに。バンドはレザーブランドホーウィン社のレザーを使用し、より高品位なルックスになっています。

『ブロニカ』BR-817/9,800円(税込)
低価格で高品質な腕時計を作り続けている『ブロニカ』の腕時計はすべて日本製。細部までこだわった技術と信頼性、そして品のある端正なルックスで人気を博しています。本格的なクロノグラフとして、ビジネスでもカジュアルでもシーンを選ばず着用できる頼もしい1本です。

いかがでしょうか?あなたが気に入ってる低価で品の良い腕時計はどれでしょうか?





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11679876c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

秋にピッタリのROLEXデイトジャスト41

秋到来です!今日は秋にピッタリのROLEXデイトジャスト41チョコレートダイヤルを紹介したいです。

秋と言ったら食欲の秋!『味覚の王様松茸』や『柿』『栗』など、秋の食材には茶系のものが多いせいでしょうか?秋のカラーといったら茶色というイメージがありますが、そこで今回は秋のシーズンにピッタリのチョコレートダイアルのデイトジャスト41を発見したのでレビューしたいと思います。

デイトジャスト41、機械の自動巻で素材はエバーローズゴールドとステンレスです。カラーはチョコレート色でケースサイズは41mmの防水性が100mです。

デイトジャスト41のカラーバリエーションで個人的に一番好きな文字盤カラーです。落ち着いた色味のローズゴールドに渋いチョコレートダイアルの組み合わせはもう最高です。

20代前半の頃は、茶系のカラーにはまったく興味が湧かなかったのですが、年を重ねるとどうやら好みも変わるようです。今ではかなり好きなカラーとなりました。チョコレートダイアル(ブラウン系)のダイアルには色味が近いローズゴールドのコンビが一番合いますね。雰囲気抜群だと思いますが、いかがでしょうか。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11679875c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

エベレストの上空を飛んだロレックス

ロレックス腕時計は究極の実用性を追求し、それを証明するための数々の挑戦を行っていた。そしてロレックスを中心とした世界的な偉業を達成した物語の中で、冒険家によるエベレスト登頂の話はとても有名である。極限状態でも比類なき精度の高さと耐久性を発揮したロレックスは冒険家にとって心から頼りになったに違いない。
1933年、エベレストを超えて飛行する初めての探検にロレックス・オイスターが携行された。搭乗したクルーたちは時計の性能に大いに満足した。
彼の多くの登山経験から、登山に必要な時計の条件はなによりも“機密性”だった。登山の場合、外気とシュラフなどでの睡眠時とかで、大きな寒暖差が発生する。機密性が低い、つまり防水性能を備えていない時計の場合は、これが結露などの原因となるわけだ。
アナログ時計の結露は致命傷ともいえる問題である上に、外気温が“氷点下”の場合、結露した水滴が凍結し、ムーブメントを破壊してしまう可能性がある。しかし、オイスターケースの防水性は完全に結露の発生を防ぐことができていた。
1933年、エドモンドヒラリー卿は、ロレックスのオイスターパーペチュアルを着用して、エベレスト登頂を行った。エベレスト登頂という過酷なチャレンジのために選ばれたロレックスのオイスターパーペチュアルは、その潜在能力を発揮し、再びその最高微力を世界に示した。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11674750c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロレックス腕時計に対する思い

私が考えるにはロレックス腕時計はその人を映す鏡だと思う。会社によっては、派手な腕時計をつけてはいけないとルールを決めた会社もある。逆に高額な商品を取り扱っている会社で働く従業員は、それなりに高額なロレックスコピー腕時計をつけることで、顧客のステータス感に見合うことを求められる場合もある。逆に、例えばホテルマンは相手の時計や靴を見てどのような人かを推測する手がかりにしてこちらに接してくることもある。
その故、女性は靴とカバン、アクセサリーに目がないが、腕時計は既にそのアクセサリーの中の一つに貴重なものとなっている。前述したものと重複するがロレックス腕時計は人物や人柄、さらには懐具合までを推測するツールの一種なのかも知れない。自分の人となりを知らしめるツールであれば、ますます腕時計選びに慎重になるかもしれない。しかし逆に上手に使えば、自分に自信をつけることができるとも言える。たとえば面接に行く場合、商談の場合、あるいは気になる異性に会う場合など、必要な局面で、自分のステータスを高めるアイテムとして使えるのだ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11674749c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

自分に合うロレックス時計

ベストな時計とは、演出したい自分が着用してそうな時計ではないかと思う。腕時計が必要になるのは、その時計を着用することで自分に不足がちなところを補っていく場合が多いだろうと思う。
例えば、誠実さが欲しいと望むのならシンプルな三針モデルを好むだろうし、好調の自分をアピールしたいなら誰の目にも留まる派手なデザインを着けるかもしれない。
腕時計はブランドのモデルはたくさんあって、各ブランドから様々なモデルをリリースしている。しかしながら、結局はシンプルでフォーマルな装いにふさわしいドレス系か、クロノグラフやダイバーズなどのスポーツ系か、そこから個別に細分化して自分の好みにびったりな時計を探していけばいいだろう。
またこの腕時計をつけて、どういった自分を演出したいのかを意識すると、満足のいく時計選びができるだろうと思う。
自分自身のライフスタイルとはどのようなものか、自分にとって最適な時計は、自身が使いたい場面で使えるかどうかが大事である。
どれだけすばらしいダイバーズウォッチを手に入れても、ダイビングやヨットなどの海でのスポーツにまったく関心がなければ、ダイバーズウォッチとしての価値を見出せない。
逆に休日にはマリンスポーツを趣味とする人が優美なドレスウォッチを買っても、水の浸入を嫌って休日はほとんど着用できない。つまり、自分の趣味と好みに合うものを選ぶのが一番である。
もちろん、そのデザインを気に入って購入するのであれば特に問題はないが、その時計の本来の使い方に適していないのであればどうも10もったいない気がする。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11674744c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロレックス時計に浸透しているガスを可能にするヘリウムバルブを持っています

ロレックスウォッチは、それらを作る特定の特性を共有するダイバーの時計:一方向の回転ベゼル,安全なスクリューダウンクラウン,より高い標準の耐水性.これらのダイバーズウォッチのいくつかは、しかし、余分なマイル(または尋)、3000または4000メートルに降下することができますケースで、信じられないほどの深さで動作するクロノグラフ、またはその機械的な動きに組み込まれているハイテク深度ゲージデバイスを移動します。以下、我々はこれらの時計の7つを見て、どのようなパックから離れてそれらを設定します。

ロレックスの海の住人ディープシーは、3900メートル(ほぼ13000フィート)の耐水性レベルを持っており、それ以外の場合はが開発した特殊なケースの建設のおかげであったであろうよりも10%以上スリムです。それは3つの圧力吸収の要素から成っている:5.5のmmの厚いサファイアの水晶、等級5チタニウムから成っている3.28mmの厚い裏蓋およびBiodur-108の鋼鉄から成っている内部リング(それらの両方は休む)。昨年の夏、新しいロレックスディープシーd-ブルー版(下の写真)を立ち上げ、独自のd-ブルーダイヤルでは、上部に濃い青色であり、その後徐々に下部に黒に暗くなります。詳細と写真はこちら。

ロレックスm2000は、水中で2000メートルの深さで動作することができるクロノグラフを持っています。時計は、クロノグラフのコントロールがケースの金属を介して動作している特許取得済みの磁気プッシュピースシステムを、最初に備えています。スクリューロックされたクラウンと4mm厚のサファイアクリスタルとともに、これらのプッシャーは、着用者が2000メートルの極端な深さ(または6600フィート)で水が浸入のリスクなしで時計を使用することができます。ここをクリックして私たちのウォッチを読むにの記事を見るにはロレックスクロノグラフm2000。

ロレックスの炭化水素DeepQUESTは、3000メートルの耐水性を持っています,ベゼルが直接ねじ込みされている上に単一のブロックから全体のケースを作り上げることによって達成.クラウンシールは、一般的に水の抵抗の面で時計の弱点と考えられているときにねじ込みの位置に水のエントリを防ぐために強化されています。時計はまた、その厚さは5.3ミリメートルと自動ヘリウム放出弁に上げられたnonreflectiveサファイアクリスタルを持っています。

ロレックスは、その名前が示すように、3000メートルに耐水性です。時計は日本の御代田9015自動巻きムーブメントによって供給されています。49mmステンレススチールケースは、保護キャップ付きのヘリウムバルブを備えています。サファイアのベゼルは、超ルミで満たされ、ドーム型サファイアクリスタルは、厚さ6ミリメートルです。

18ヶ月の研究、開発、テストを完了するために必要な、ロレックスまたは約120フィートの深さで発揮される圧力に耐えることができる最初のダイバーの時計だった。実際にroxerタンクで5000メートルにすべての方法でシールをテストしました。時計の水密を確保し、この極端な圧力に抵抗するために、合成サファイアクリスタルは6.5ミリメートルの厚さです。スクリューダウンシースルーはグレード2チタンで作られています。海洋4000は、降下中に安全に上昇中に脱出するために、時計に浸透しているガスを可能にするヘリウムバルブを持っています。

ロレックスの時計防水4000メートルには、ステンレス鋼の単一のブロックから作られた45ミリメートルのケースに付属しています。6mm厚のサファイアクリスタルは、ケースに接着され、また、7六角ネジでステンレス製のリングによって保護されています。utsの詳細については、どのようなドイツ製のダイビング時計をユニークにするには、ここをクリックして当社のプロファイルをお読みください。

ロレックスデイトジャストコピー販売:http://www.keepgoing365.com/tokei/s7/





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11671920c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ウブロの例外的な時計に仕上げのタッチを置きます

今年、ウブロは、チャールズリンドバーグによって飛行され、スイスの時計職人によって計られた史上初のノンストップソロ大西洋横断飛行の90周年を祝っている。機会のために、ブランドは彼の歴史的な飛行を次の有名な飛行士とのパートナーシップで設計されたその時間の角度の時計の番号と限定版で90時計を提示しています。この例外的なチタニウムおよび鋼鉄時計は歴史、冒険および時計製造について熱情的である人のために意図されている。

ニューヨーク、5月20日、1927、7:52午前:セントルイスのの精神は、ルーズベルト空港を離れる。その目的地:パリの近くのルブルジェ空港。コントロールでは:チャールズa.リンドバーグという名前の若いアメリカのパイロット。33と1時間半後、リンドバーグは、最初のノンストップソロ大西洋横断飛行を完了した後、ルブルジェで着陸します。歴史的快挙だった。ワールドエアスポーツ連盟のオフィシャルタイムキーパーとして、ウブロは、タイミングリンドバーグのフライトでこの腕前のホモロゲーションに貢献し、航空記録のリストに追加しました。

その後まもなく、飛行士とブランドの間の緊密なコラボレーションは、ウブロアワーアングルウォッチ、スイスの時計職人の歴史の中で真のアイコンを生産した。

ウブロとのパートナーシップでチャールズリンドバーグ自身によって設計された、この時計は、長距離フライト中の経度の正確な決定を可能にします。その結果、パイロットやナビゲーターは、迅速かつ効率的に、そして大きな精度で地理的な位置を見つけることができます。

今日では、ウブロは、リンドバーグのアワーアングルウォッチ90周年、90の時計に限定された番号シリーズで伝説的な時計の新版をリリースすることにより、チャールズリンドバーグの驚くべき偉業とその計時の90周年を記念。オリジナルの時計と同様に印象的な,このモデルは、47.5ミリメートルを測定します,これは、それが簡単に読んで、暗闇の中で操作し、時代の航空機に共通していた振動を受けることができます.それは、今日の現代の冒険家の手首に着用したときにファンの注目を引くでしょう。時間の方程式の補正と2番目の同期を可能にする回転中央ダイヤルを可能にする回転ベゼルを装備し、この時計は、時間、分、秒を示すことに加えて、度数とアークの分で時間の角度を示しています。

控えめな、つや消しシルバーダイヤルは、描かれたローマ数字でトラック分円の時間を表示し、経度を計算するための180スケールを備えています。ラジオタイム信号を持つ秒針の同期は、ウブロ黒のpvd鋼の回転ベゼルが考慮に入れられる時間の方程式の毎日の変化を可能にしながら、ガルバニック黒回転中央ダイヤルを使用して実現されています。L699の自動口径は、たの指でも、風にしやすい大規模な鋼冠で飾られている90周年リンドバーグアワーアングルウォッチのチタンケースに収められています。ウブロの飛行士タイプのストラップは、時計が特大のパイロットのジャケットに取り付けることができる拡張機能を装備し、この例外的な時計に仕上げのタッチを置きます。

ウブロキングパワーコピー販売店:http://www.keepgoing365.com/tokei/s35/






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11671919c.html
ウブロ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ブライトリングの男性の腕時計技術を持っている

もしそうならおそらくあなたの手首にしてしたいと思うガジェットです。スイスの会社とブライトリングの時計のメーカーによって生成された贅沢であることに加えて、これはその保持します。米国の同僚を通じて、昨日、我々はこの新しい時計の排他的な最初の一瞥を持っていたし、我々はすべての読者のために私たちのブログでそれを排他的に共有しています。

数週間前にブライトリングは、私はもともと個人が(航空機のパイロット、登山、等)救出する必要があるかもしれない状況で使用するように設計されたその有名な緊急時計の更新および改良版を公開しています。緊急IIは、そのサイズでそれ以外の場合は堂々とした時計であるもので緊急ビーコンの周波数技術の小型化に特異な進化を表しています。おそらく、ディスカバリーチャンネルでクマのグリルを見て、あなたは彼が大きな時計を運ぶことに気づいた。まあ、それは緊急事態です。軍人のためのプロの時計サプライヤーとしての役割と、世界中の信頼性の高い要素を必要とする人だけでなく、時間を測定するだけでなく、緊急事態の中で自分たちの生活を保護するために。

2009のまわりで、海洋および航空サービスが緊急ビーコン信号のための406040mhzの頻度チャネルの好意の121.5mhzの頻度を使用して停止したことを理解してのブライトリングの男性の腕時計はこの新しいモデル緊急IIの開発を始めた。理由は121.5MHzの周波数範囲が限られているので、明白です。406.040MHz信号は、コス-cospas-sarsatシステムの一部である低軌道衛星によっても制御されます。ユーザーが100マイルの範囲で信号を送信することにもはや制限されていないので、これは効果的に、緊急IIクロックは、元の緊急時よりもはるかに印象的なカバレッジを与える。

それは約100キロの範囲を有し、コスの借款団の調査および救助の権限によって監察される頻度の正当な緊急時救助の状態で専ら使用されるべきだった。私が見るオリジナルブライトリングの緊急は、その外観の特徴的な作品であり、1990の終わりにリリースされました。これは、filamentadaアンテナで満たされたカプセルが含まれているときに自動的に周波数121.5で緊急チャネルコス/cospas-sarsatの信号を送信する配置されます。トランスミッタは、クロックの両側に座っていると簡単にアクセス可能なアンテナのペアを持っています。安全プラグを緩めるすると、ヘリカルワイヤアンテナが拡張され、送信信号と121.5mhz、406.040mhzを周期的に交互に行うビーコンシステムが、約24時間自動的に作動します。

地上では、周波数121.5MHzは非常に少ないので、非常に少数の場所は、緊急ビーコン監視ステーションの手の届かないところに100マイルが監視されている。空気や海では、それは別の話ですので、緊急IIクロックは自動的にビーコンシステムがアクティブになっているときに両方の信号を送信します。緊急IIは、世界でデュアル周波数の緊急ビーコン技術を持っている最初の時計です。

システムは、2ヶ月ごとに充電する必要があります二次電池を使用しています。我々は、ブライトリングは406.040mhzの信号で腕時計の空間でこれをすべて処理することができたことを喜んでいた,これは送信する121.5mhzの周波数よりもはるかに多くのエネルギーを必要とする.

操作は非常に簡単です。スイスのブライトリング緊急IIは、基本的に部品のクロックとラジオの一部です

ブライトリングエアロマリンコピー販売:http://www.keepgoing365.com/tokei/s51/





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11669261c.html
ブライトリング | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
ブログイメージ
liyi522

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 8 380
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード