yuko32

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/yuko32

今年の大河ドラマ「西郷どん」について

現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」は、西郷隆盛の生涯を描いたドラマです。

私は歴史が好きで、西郷隆盛が生きた幕末から明治にかけての時代は大好きです。

そのため西郷隆盛についても大まかなことは知っているもりでいます。

しかし、西郷隆盛の詳細な生い立ちと、どうして薩摩藩の下級武士から明治維新の中心的人物までになったのか詳しいことは知りません。
「西郷どん」は林真理子さんの原作をもとに描かれたドラマです。
多少のフィクションを交えているようですが、西郷隆盛の幼少期から描いており、私にとって興味深い物語になっています。

これまでの放送見て感じたことは、百姓たちや西郷たち薩摩藩士の貧しさが、理不尽な世の中に疑問を抱き、その不満がエネルギーとなって明治維新へと突き進んでいったのだと思いました。

そして島津斉彬という人物の存在が、西郷たちに影響を与えたのだと思います。
島津斉彬は薩摩藩主でしたが、海外に目を向け、鎖国状態の日本に押し寄せてくる外国に危機感を持っていました。
島津斉彬は薩摩だけでなく、日本一国の行く末について考えていたのです。
島津斉彬の考えに西郷たちは惹かれて、ついていったのだと思います。
結果論で見れば島津斉彬や西郷たちは時代に求められ世に出たのだと思います。
だから明治維新は起こるべくして起こったのです。 

私も今までは、なんとなく明治維新について知っているつもりでしたが、漠然としたものでした。

しかし、現在放送されている「西郷どん」を毎週見ていると、時系列で歴史を追っていくことで再度、西郷隆盛について認識することができます。

そして現在は有名な話ですが、西郷隆盛の肖像画や銅像が本人でないという話です。

上野の西郷隆盛像の除幕式で西郷隆盛の妻、糸さんが「こげん人ではなか。」と言い本人ではないと否定したそうです。

そして西郷隆盛の写真は一枚も残されていないのです。

ある説では、西郷隆盛は暗殺を警戒して写真を撮らなかったようです。

そのことについてドラマの中で触れるのではないかと期待しています。

そして私は以前から気になっているとことがあります。

それは西郷隆盛と大久保利通の関係についてです。

 

二人の家は近所の幼なじみで、昔は仲が良かったようなのですが、次第に仲が悪く

なっていきました。

どうしてそうなったのか、私がいまいちよく理解していません。

そのあたりも知りたいと思っているので、「西郷どん」をじっくり見ていきたいで

す。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000106737/p11757088c.html
ライフワーク | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
新しい長襦袢で、夏場をもっと快適に
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
yuko32
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 4 13290
コメント 0 6
お気に入り 0 1

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク