yuko32

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/yuko32

さまざまな体調不良の原因は身体の冷えにありました。

私は今まで、ちょっとした体調不良に悩まされてきました。

今、それぞれの症状を振り返ってみると、ある共通点が浮かび上がってきました。

 

それはそれぞれの症状は冷えからくるということです。

二十歳前後から発症しているじんましんは、冷たい水やぬるま湯、雨などに当たると、皮膚がかゆくなります。

 

そこでかなり暑いお湯やドライヤーの風などに痒くなった皮膚を当てると、症状が治りました。

それは身体が冷えて、血行不良によって、肌が痛痒くなったのが原因でした。

 

特にストレスが多くなってくると、身体は冷えやすくなります。

今までストレス解消というと、運動をしたり、好きな趣味に熱中する、好きなものを食べるなどで解消してきました。

 

これらも有効なのですが、根本的にストレスで体が冷える所を改善していくことによって、ストレスが軽減し、体調も良くなっていくようです。

確かにお風呂に入ったり、温かいコタツに入ると、気分がほっこりしてきます。

 

これと同じことで、体調が悪い時はまずは身体を温める方が良いのかもしれません。

また、日頃から身体を温める習慣を持つことで、免疫力が高まり、病気になりにくくなるような気がします。

 

もちろん例外はあり、何らかの影響で急激な痛みを発症した時は、まず冷やさなければなりません。

私は長い間、片頭痛の持病があり、月に数回は鎮痛薬を服用していました。

 

特に過度にストレスがかかった直後に偏頭痛になっていました。

それは社会生活だけではなく、急激な環境の変化でも同じことでした。

 

普段の身体が冷え切っている状態で、急激に熱を加えてしまうと、変化に身体が付いていかなくなるのかもしれません。

普段から身体を温かくしておけば、免疫力も高まりますし、片頭痛になりにくくなると思います。

 

他にも腰痛の持病があります。

腰痛はストレスが大きな原因だと言われています。

 

ストレスが起こるのは、生きて行く中で仕方がないことです。

しかし、それを上手く解消していけないと、徐々にストレスがたまってしまい、さまざまな体調不良を引き起こしてしまいます。

 

身体を温めることで腰痛も改善され、なお且つストレスが溜まりにくい、受けにくい体質に変わっていくような気がします。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000106737/p11629935c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
顎関節症の治療で必要な基本的なこと
先生ごめんなさい。でも自業自得。
意外と知らない入れ歯の正しい洗い方
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
yuko32
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 7 11866
コメント 0 6
お気に入り 0 1

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク