一直線

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/straightline

山辺の道

山辺の道は、古墳時代の初期、4世紀の崇神天皇のときにはすでに作られていたと考えられているが、弥生時代後期には、布留遺跡と纏向遺跡を結ぶ道であったとも推測されている。奈良から石上・布留(天理市)を経て三輪(桜井市)に通じていたとみられ、その全長は約35 km、幅は2 m足らずの小道であるが、沿道には石上神宮、大神神社、長岳寺、崇神天皇陵、景行天皇陵、金谷石仏などの多くの寺社や古墳群があり、この地に権力を握る古代国家の中枢があったことや、文化交流の重要な幹線道路であったことをうかがわせている。古墳時代の奈良盆地は沼地や湿地が多く、これを避けて山林、集落、田畑の間を縫うように山裾に沿ってつくられたため、道は曲がりくねっている。



ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ


山辺の道

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000273011/p11789764c.html
教育 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
42.195kmの由来
特別活動
スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカー
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
一直線にようこそ!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 3 501
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[富山] 八尾物語

最新のコメント

おすすめリンク