一直線

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/straightline

学校図書館の運営

学校は、おおむね次のような方法によって、学校図書館を児童又は生徒及び教員の利用に供するものとされている(同法第4条第1項)。また、学校図書館は、学校図書館の目的を達成するのに支障のない限度において、一般公衆に利用させることができる(同法第4条第2項)。

図書館資料(図書、視覚聴覚教育の資料その他学校教育に必要な資料)を収集し、児童又は生徒及び教員の利用に供すること。
図書館資料(図書、視覚聴覚教育の資料その他学校教育に必要な資料)の分類配列を適切にし、及びその目録を整備すること。
読書会、研究会、鑑賞会、映写会、資料展示会等を行うこと。
図書館資料(図書、視覚聴覚教育の資料その他学校教育に必要な資料)の利用その他学校図書館の利用に関し、児童又は生徒に対し指導を行うこと。
他の学校の学校図書館、図書館、博物館、公民館等と緊密に連絡し、及び協力すること。




ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000273011/p11795837c.html
教育 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
多肢選択法
日本の教育方法学史
山辺の道
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
一直線にようこそ!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 7 588
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[富山] 八尾物語

最新のコメント

おすすめリンク