大阪市の整体院に通いつめる

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/mmzumiqaz

姿勢を正しく矯正したい

良い姿勢の指標の1つとしては、「重力に対して効率良く身体を保てる状態」があります。

これは横から見て、耳孔・肩峰(肩の骨の出っ張り)・大転子・膝・外踝が地面に対して垂直(重力線)上にある状態と言われています。


重力線の目安として、天井から糸などを垂らすと分かりやすいです。

定期的に横から写真を撮るのも有効。

慣れてくると徐々にその位置を身体が覚えていき、指摘されなくても気付くようになります。

無意識で良い姿勢を保てるようになるには、脳が覚える必要があるので数ヶ月かかるかもしれません


大阪市で本格的な整体に通って矯正すれば正しくできるようです。

姿勢改善の注意事項として、良い姿勢は必ずしも疲れにくさと一致しません。

姿勢が悪い状態というのは、姿勢を保つ筋肉が十分にない/使えないことが多いため、最初は疲れやすく筋肉痛になる事もありますよね。

筋肉の不十分さを示す訳ですが、言い換えれば正しい姿勢に近づいている証拠とも言えます。

筋肉が十分についてきてはじめて疲れにくい状態になります。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000266094/p11703522c.html
健康 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
すっきり感がたまらない
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 3 32
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード