que577

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/que577

機械式とクオーツ式の違い

ロレックスエアキング時計には、昔ながらのゼンマイで動く「機械式」と、電池やソーラーで動く「クオーツ式」があります。前者は、伝統工芸品みたいなものですので高額ですが、時刻精度や耐衝撃性では劣ります。
有名なロレックスなど、とくに男性向けの何十万円〜百万円以上する腕時計の多くは、ゼンマイ式ですね。高額なものでも、一日数秒〜十数秒くらいは狂いますし、2〜3日ほうっておくとゼンマイが解けて止まります。
クオーツ式は、水晶に電圧をかけると一定周期で振動する性質を利用した時計で、1969年に、日本のセイコーが世界で初めて市販しました。大量生産できるので安価、かつ実用性能は高く、1000円くらいのものでも時刻精度は月差20秒くらいと、一日1秒も狂いません。
どちらのタイプの腕時計を選ぶかは、その需要にもよりますが、ただ時間だけをみる目的ならクオーツ式腕時計でも十分ですし、ロレックスエアキング時計が好きな人だと機械式の腕時計を求めてる人が多いようですね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000257112/p11698886c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
一生ものの腕時計なら、どの腕時計を選びますか
女性にお勧めのレディース時計3選!
カシオ腕時計は人気があるんでしょうか?
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
que577

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 14 571
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード