liyi522

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/liyi522

エベレストの上空を飛んだロレックス

ロレックス腕時計は究極の実用性を追求し、それを証明するための数々の挑戦を行っていた。そしてロレックスを中心とした世界的な偉業を達成した物語の中で、冒険家によるエベレスト登頂の話はとても有名である。極限状態でも比類なき精度の高さと耐久性を発揮したロレックスは冒険家にとって心から頼りになったに違いない。
1933年、エベレストを超えて飛行する初めての探検にロレックス・オイスターが携行された。搭乗したクルーたちは時計の性能に大いに満足した。
彼の多くの登山経験から、登山に必要な時計の条件はなによりも“機密性”だった。登山の場合、外気とシュラフなどでの睡眠時とかで、大きな寒暖差が発生する。機密性が低い、つまり防水性能を備えていない時計の場合は、これが結露などの原因となるわけだ。
アナログ時計の結露は致命傷ともいえる問題である上に、外気温が“氷点下”の場合、結露した水滴が凍結し、ムーブメントを破壊してしまう可能性がある。しかし、オイスターケースの防水性は完全に結露の発生を防ぐことができていた。
1933年、エドモンドヒラリー卿は、ロレックスのオイスターパーペチュアルを着用して、エベレスト登頂を行った。エベレスト登頂という過酷なチャレンジのために選ばれたロレックスのオイスターパーペチュアルは、その潜在能力を発揮し、再びその最高微力を世界に示した。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000256136/p11674750c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
安いものにはわけがある!と言われるが、10000円以内で良い腕時計は探せますか?
秋にピッタリのROLEXデイトジャスト41
ロレックス腕時計に対する思い
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
liyi522

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 356
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード