Windows 10の価格を最安値で購入通販サイト

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/keysoft

WindowsのISOイメージファイルを欲しいということはあまりないと思うが

WindowsのISOイメージファイルを欲しいということはあまりないと思うが、マイクロソフトのTech Benchのサイトから、無料でWindow 10、8.1、7のISOイメージファイルを入手する方法が「ghacks.net」で紹介されていたので、改めてここで日本語で紹介する。
Tech BenchのサイトではWindows 10のISOイメージファイルをダウンロードできる。
そうすると「Validates」(確認)の画面が一瞬表示され、その後言語選択の画面が表示される。
言語を選択して、「Confirm」をクリックする。
同じく「Validates」(確認)の画面が一瞬表示される。
その後32ビット版か64ビット版の選択画面が表示されるのでそのどちらかの選択してクリックすれば、ダウンロード出来る。
Windows 8.1あるいは7の場合は、Tech Benchのサイトの上の方にあるWindows 8.1あるいはWindows 7をクリックすれば、やはりそれぞれのISOイメージファイルをダウンロードできる。
ただし、方法はWindows 10と異なっている。
Windows 8.1ではダウンロード用のツールを入手して、それによりダウンロードができるようになっている。
Windows 7では事前にプロダクトキーを入力することから始まる。
つまり、Windows 10と同じ方法でWindows 8.1あるいは7のISOイメージファイルが入手できるやり方である。
まず、うえで説明したマイクロソフトのTech BenchをFirefoxあるいはChromeで開く。
ブラウザがDeveloper Toolを持っていることが必要なのだ。
次に、Firefoxの場合には「Ctrl+Shift+K」、Chromeの場合には「CTRL+Shift+J」でDeveloper Toolのコンソールを開く。
それとは別に「Pastebin」のWebサイトを開き、そこに示されたコードをコピーする。
Tech BenchのWebサイトに戻り、コピーしたコードをコンソールに貼り付け、「Enter」キーを押す。
そして、コンソール画面の右上の「x」をクリックしてコンソールを閉じる。
「Select Edition」をクリックすれば、Windows 7,8.1,そして10のいろいろのeditionのリストが表示されるので、その中からダウンロードするものを選択し、「Confirm(WZT)」をクリックすれば良い。
それ以降はうえで説明したWindows 10のISOイメージファイルの入手手順と同じである。
この方法を使うと、Windows 10、8.1,7のEnterprise版を除いたすべての版が入手可能である。
更に面白いことに、Windows 10のInsider ProgramのBuild 14262などもリストアップされており、入手が可能だ。
なお、Windows Nというのはヨーロッパ向けでマルチメディアサポートを取り除いたもの。
Windows Kというのは韓国向けのもので別会社のメディアプレーヤーとメッセージングのソフトがついたもの。
Windows KNはその2つを合わせたものである。
最近のね、パソコンは便利なようで不便ですよね。
 なんでもこの4日から米国ではウインドウズ7や8は自動アップデートが始まるようです。
 なんでもアップデートすると良くなると思いがちですか、世の中そんなに甘くありません。
 一応のマイクロソフトの宣伝文句ではセキュリティーが向上すると言うのですが、あの会社がそんな顧客の利便のために無料でお高いOSのアップデートをしてくれるなんて信じる方がおめでたい事は間違いありません。
   マイクロソフトが無料でアップデートすると言うことは、マイクロソフトに取ってそれだけの利益があることは間違いありませんが、重要なのは顧客である私たちにもそれに見合うメリットが在るかどうかです。
  まあ色々とこれからその点に関してはネットに紹介されてくる事でしょうが、現時点において自動アップデートはブロックしておくことが得策であることは間違いありません。
 だってね、今までのアップデートでろくなことがありませんでしたからね。
 まず第一に、ベーター版ですからこれからバグや不都合が生じて、対処のパッチが作成されると言うことは、今アップデートされると色々不都合が生じることは間違いありません。
 その不都合は過去の例から推測するとセキュリテーのトラブルに成るでしょう。
 具体的に言うとまずインターネットバンキング等で銀行との情報のやりとりに使われるSSL等という暗号化トラブルです。
 パソコンには様々なバラエティか在るためどうしても新しい物を導入すると不都合か起きます。
 大抵の不都合は笑って住みますが銀行とのやりとりは送金トラブルとなりますから下手にトラブルと企業の決済で送金不能に陥ると倒産なんていう事態に至りかねません。
  まあここはウインドウズ10の完成版が有料で提供されるまで待つのが賢明だと言う次第です。
その為に参考になるウインドウズ10自動アップデート阻止方法を以下リンクにてご紹介します。
 尚、4日(北米時間)にリリースされた北米向けのウインドウズ10自動アップデートの通告サイトも引用しておきます。
 こちらにある通り 自動アップデートしてしまっても30日以内であれば元に戻す操www.keygoodjp.com



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000223341/p11555449c.html
Microsoft | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
しかも無料:microsoftWindows 10
Windows10にWindows Updateが入ったので実行すると
Windows 10、無償アップグレード期間終了まで100日切る
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 1 174
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[ミナミ] 自家焙煎山人珈琲YAMA…

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード