Microsoft Office 2016,Windows 10の価格を最安値で購入通販サイト

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/mssales

Windows 10のパッケージ版

Windows 10のパッケージ版/ダウンロード版が9月4日に発売日本マイクロソフトは6日、Windows 10のパッケージ製品およびダウンロード製品を、9月4日に発売すると公式ブログで予告した。
全国の量販店やMicrosoft Storeで取り扱う。
パッケージ製品およびダウンロード製品は、Windows 10 HomeとWindows 10 Proの2エディションを用意。
パッケージ製品ではUSBメディアを同梱し、内部に32bit版/64bit版の両方が含まれる。
参考価格は、Windows 10 Proが税別25,800円、Windows 10 Homeが税別13,800円。
なお、Windows 10の提供開始にあわせ、Windows 8.1(Update適用済み)およびWindows 8.1 Pro、Windows 8.1 Pro Packのパッケージ製品およびダウンロード製品が、2015年8月末に出荷終了となることも明かされた。
 このままだと、Homeのほうは、DSP版より安くなりそうだけど、ということは、DSP版は価格改定される可能性もあるかな。
本日、月例のWindows Updateがありました。
私のパソコン(東芝dynabook EX/56LWHS OS=Windows10)に来たものは次の通りです。
Microsoft Office Outlook 2007 Junk Email Filter (KB3055023) の更新プログラム。
Cumulative Update for Windows 10 (KB3081436)。
Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム (KB3080333)。
Windows 8 および Windows 8.1 用 Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2015 年 6 月 (KB890830)。
※なぜかこれが来た…Windows10なのになんでやろ(・ω・ )モニュ?Microsoft Office 2007 suites (KB3054888) のセキュリティ更新プログラム。
Microsoft Office 2007 suites (KB2837610) のセキュリティ更新プログラム。
Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB2986254) のセキュリティ更新プログラム。
Microsoft Office 2007 suites (KB2596650) のセキュリティ更新プログラム。
Microsoft Office 2007 suites (KB2825645) のセキュリティ更新プログラム。
Microsoft Office PowerPoint 2007 (KB3055051) のセキュリティ更新プログラム。
Microsoft Office Excel 2007 (KB3054992) のセキュリティ更新プログラム。
Microsoft Office 2007 suites (KB3054890) のセキュリティ更新プログラム。
Microsoft Office Word 2007 (KB3055052) のセキュリティ更新プログラム。
Microsoft Office 2007 suites (KB2687409) のセキュリティ更新プログラム。
Windows 10 用 Internet Explorer Flash Player のセキュリティ更新プログラム (KB3087916)。
MSXとかいじってるわりに流行りものに弱かった!さぁMicrosoft Windows 10の世界へ!あ…あ…あ…。
7600GSを愚弄するか!というわけで買ってきた。
ハードの更新はすぐには認識してもらえません。
XPも起動可能なPCなのでドライバー入れ替えておきますか…。
このドライバーが何故かインストール成功しません。
しかたないのでnVidiaのサイトのドライバーを入れましょう。
そして一夜が流れ…やったー!無事交換が認識されました。
僕たちは待っていたんだ!設定しましょう!出勤前ですが。
さぁ〜どんどん設定しましょう!楽勝ですね!(カスペルスキーが粛清されるハプニングがありましたが)と、ここで残念なお知らせがあります。
じつは『連絡によって共有された〜』の下にあったんですねぇ。
(右にスクロールバーもちゃんとある)そんなの分かるかッ??!!そんな訳でどうにかインストール出来ましたとさ!そして最後に残念なお知らせが。
8.1で嫌われていたRAID Sil 3512Aはやはりダメでした。
ウィンドウズ10にアップデート完了まずはPCの下に出てくるウィンドウズのアイコン右クリック。
そしてアップデート予約とありますがそれを待つ必要はない。
マイクロソフトのサイトでインストーラ―をダウンロード。
USBメモリー(新品か内容をすべて消されてもいいもの、4G程度あれば十分)用意してインストーラ―を作ります。
アップデートする前とヴァージョンとビット数は同じようにすること。
たとえば、プロフェショナルならばwin10 PROは可能です。
32ビットOSだったならば32ビットのままです。
私はsurfece pro3なので64ビット、プロフェショナル版ですので64ビットwin10 PROをダウンロードしました。
出来上がるUSBは「ESDーUSB」で、大体3.15Gの容量です。
ブートをこのUSBで行うとクリーンインストールになると思います。
そして途中で「プロダクト番号」を聞いてきます。
これはアップデートの時点で紐づけされているので入力の必要はない。
まあ、クリーンインストールをされる方はデータや環境を1から作り変える方なのでここでは無視。
データや環境、ある程度のユーザーフェイスまでそのまま移行という方のみ。
上で作った、USBの中を見るとsetup.exeアプリケーションがあるのでそこをクリックしてそのまま進んでいきましょう。
そしてデータや環境を残す、を選択していけばほぼデータなどはそのまま残ります。
新しいブラウザーアプリのedgeにはいままでのデータの「お気に入り」は引き継がれない。
IE11の方に「お気に入り」は引き継がれております。
私はBECKYですがすべて今までのデータ残っております。
しかしリンクをクリックするとブラウザーはedgeが立ち上がる。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000222891/p11561814c.html
Microsoft | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
Windows media playerがアップデートなし
Microsoft Edgeを使用してみましたがバッチリ使えるようになっていて、心の中でガッツポーズです
Microsoft社 - Windows製品およびOffice製品の無償サポートまた
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 3 328
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード