Microsoft Office 2016,Windows 10の価格を最安値で購入通販サイト

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/mssales

7月29日をもってWindows10の無償アップグレード期間が終了するた

7月29日をもってWindows10の無償アップグレード期間が終了するため、どうせWindows7や8.1なんかを使うくらいならWin10の方が遥かに良いので更新する事に決めました。
 OSを更新するか否かは個人の自由ですが、Microsoftが推奨する無償アップグレードを大した理由もなく拒否し続ける人は、頭が固くなっただけの単なる時代遅れなのかなって思います。
インターフェースが古く、更にはセキュリティも弱い過去のOSに固執する必要は無いです。
過去OSが不便…という程ではありませんが、Win10が便利になり過ぎた点が大きく、最初から搭載しとけよという機能も多い。
「入れモノ」としての性能はシリーズ最高峰です。
最初から何でも揃っているOSが欲しいという方はMacをどうぞ。
 僕が新しいモノ好きっていうのはありますが、Win10は純粋に扱いやすいです。
 しかしこのPC、見ての通り干支半周よりも前の規格のもの。
無線LAN&Bluetooth搭載、130万画素カメラ付き、大容量500GBのHDD、4GBのRAM搭載、当時最新だったOSのWin7完備。
そして最大6時間稼働可能な大容量バッテリー。
当時は高水準の小型ノートPCでしたが、いつの時代も盛者必衰。
今となっては非常に重たく、HDのストリーミング動画を見る事さえまともにできません。
 でも、Win10ならそこそこ行けるんじゃね?7より軽いし。
そう思った僕は、このクソPCのOSをアップグレードする事にしました。
 何故いきなり「クソ」呼ばわりするかというと、散々苦労させられたから。
実は一時の間SSDに換装しており、その間はそこそこ快適に扱えておりました。
しかしそのSSDは他のPCで使う事になり、元々このノートで使っていたHDDに回帰。
あれ、こんなに重かったっけ?というくらい速度差があったのを覚えております。
 まあ、またSSDに挿げ替えれば良い話でもありますけどね。
今でこそSSDの相場が安値に纏まって来た昨今ではありますが、そこまでするべきか如何かも悩みどころ。
しばらく起動していなかったため、ブラウザが古かったり遅すぎてデータの移行がままならなかったり、Windows10の更新データを受信できないと思ったら何もかもやり尽した後(全ユーザーデータ削除後)にほんと単純な方法でアップグレードできる事が判明したりと、散々悩まされたものです。
おかげで経験値は上がりましたけどね! で、無事にWin10になったところでそのままシャットダウン。
まあエクセルくらいなら開けるんじゃねって感じのPCです。
いつでもWindows 10に無償アップグレードできる環境を構築する――バックアップ編 という記事を見つけました Windows 10の無償アップグレード期限である2016年7月29日が迫っている。
「Windows 7で困ってないし」と、これまで再三に渡ってMicrosoftのアップグレード告知をはねのけてきたユーザーの中にも、周囲にWindows 10ユーザーが増えるにつれて不安を感じるようになってきた人もいるのではないだろうか。
 Windows 10に対してネガティブなイメージを持っている人もいるだろうが、3つの理由から2016年7月29日までにアップグレードすることをお勧めする。
 一つ目は、アップグレード対象のWindowsユーザーにとって、Windows 10が無償で手に入るのは2016年7月29日まで、ということ。
Microsoftは無償アップグレード期限を延長する予定はない、と明言しており、無償アップグレード期間が過ぎればWindows 10は有償になる。
今のところWindows 10には安価なアップグレード版はなく、Windows 10 Homeでも1万9008円、Windows 10 Proだと2万7864円(税込)と、なかなかのお値段だ。
 二つ目はWindows 7/8.1のサポート終了期間が近づいてきており、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるということ。
「アンチウイルスソフトを入れているから大丈夫」と思っている人もいるかもしれないが、OSを安全に保つために最も重要なことはセキュリティパッチ(セキュリティ更新プログラム)を迅速に適用することだ。
 それができなくなる時点でOSとしては利用に耐えるものではなくなってしまう。
また、アンチウイルスソフトに限らず、ほとんどのソフトウェアはサポートが終了したOS上での動作を保証していない、少なくともサポートはしていないと考えたほうがよい。
ネットワークに接続されておらず、メディアを介した外部とのやりとりもない、単一の目的で特定ソフトウェアだけを使用するような完全なスタンドアロンでもない限り、サポートが終了したOSを使用し続けるという選択肢はない。
 Windowsのサポート期間にはメインストリームサポートと延長サポートがある。
メインストリームサポートではセキュリティ更新プログラムのほか、仕様変更や新機能の追加が行われるのに対し、延長サポートではほぼセキュリティ更新プログラムのみの提供となる。
つまり、OSの改良がなされるメインストリームサポート、今までと同様に使えるよう維持をしていく延長サポート、というわけだ。
そのため、通常「サポート」と言えば延長サポートまでのこと、と考えればよい。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000222891/p11548439c.html
Microsoft | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
Windows media playerがアップデートなし
Windows 10のパッケージ版
Microsoft Edgeを使用してみましたがバッチリ使えるようになっていて、心の中でガッツポーズです
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 142
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード