yuko32

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/yuko32

過去に治療した歯が再び痛くなって歯科治療を受けた経験

ある日の夜、そろそろ寝ようかと思って布団に入った時、前歯に違和感を感じました。しかし痛みというわけではなく、重いという感覚だったことと、もう寝る直前だったことであまり気にしないで寝てしまいました。翌朝、特に前歯の痛みもなく、寝る前に違和感を感じたことなど忘れていました。いつも通り出勤し、仕事をこなしていましたが、お昼近くになって、急に前歯に痛みを感じました。次第に痛みが増していき、食事を摂ることもできませんでした。午後の仕事もなんとかこなしていましたが、15時を過ぎた頃には痛み止めもあまり効かない状態になってしまい、仕事が手に着かなくなってしまいました。仕方なく、上司に体調が悪いのでと申し出て早退させてもらい、すぐに近くの歯科へ向かいました。


初めて行く
三宮の歯科クリニックでしたが、痛くて痛くて何とかしてほしい一心で診てもらいました。予約もしておらず飛び込みでしたが、受付で症状を告げると、すぐに治療室へ通してもらえました。待合室には他の患者さんもいらしたのですが、私があまりにつらそうだったので先に診てくれたのだということは後で知りました。すぐにレントゲンを撮り、歯科医師が説明をしてくれました。その内容は、以前治療した小さな虫歯の治療が完全ではなかったために、内部で虫歯菌が増えてしまい、中に膿が溜まっているとのことでした。すぐに麻酔をして、歯茎を切開し膿を出す必要があるとのことでした。もちろん治療に同意してお願いすることにしました。治療後、歯の内部がかなりひどい状態で、しばらくは毎日通って歯の根っこの部分を治療する必要があることと、最終的には差し歯かインプラントにしなければならないことを聞き、かなりショックを受けました。その原因となった虫歯は、まだ自分が中学生の時に治療した小さな小さな虫歯でした。それがこんなことになるなんて思ってもいませんでした。

治療を受けた後は痛みは和らぎましたが、ショックで心の痛みが増してしまいまし
た。前歯は一番、目につく歯です。差し歯にしてもかなり費用がかかりますし、インプラントは大きな手術になるのでとても怖くてできません。前歯が差し歯なんて恥ずかしいとも思いました。しかし医師から、最近はほかの歯とかなり色などを合わせることができるし、差し歯も昔よりも精度が上がっているから自然な形にできると聞き、少し安心しました。とてもきちんと説明をしてくださる歯科医師でしたので、その後は安心して治療を任せることができました。


結果的には、差し歯を入れて治療が完了するまで3か月を要しました。歯の根っこの
治療に時間がかかったこともありますが、差し歯を何度も微調整してかみ合わせや色合いなどをとても自然に仕上げてくださったことも時間がかかった理由のひとつでした。しかし、時間がかかっても納得のいくものにしてもらえたので本当に感謝しています。その後は不具合や違和感が出ることもなく、普通に生活できています。ひとから差し歯を指摘されたこともなく、こちらから話すと驚かれるくらいに自然な状態でした。今は、きちんと歯磨きをして、半年に一度は歯科クリニックで検診と掃除をお願いしています。小さな虫歯からとても痛い思いしたことで、改めて毎日の歯磨きが大切なのだと痛感しています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000106737/p11678603c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
夜中に足をつる対策にマグネシウムをとっています
車の点検のついでに、お寺で草花を見て回る
車検を見積もりで安く済ませることができました
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
yuko32
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 14 12337
コメント 0 6
お気に入り 0 1

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク