癌治療

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/eprblof0060y

燃料電池自動車(FCV)の特性と課題

すでに実用化され普及しているハイブリット車(HV)に次いで、
「究極の低公害車」とか「次世代低公害車の本命」などと言われているのが、燃料電池自動車(FCV)です。


これは、水素と酸素の化学反応によって発生する電気でモーターを駆動させるもので、燃料に水素を用いるため出るのは水だけで、排気ガスは排出されません。同時に、燃料の使用効率も従来のガソリンエンジンよりも2倍以上良いとされています。



燃料電池自動車には、燃料として水素を圧縮タンクなどに積載しますが、燃料電池に供給する直接水素型と、ガソリンやメタノールから水素を作る改質器を搭載した改質型があります。



直接水素型の場合は、改質型に比べて仕組みが簡単で、二酸化炭素(CO2)を出さない利点がありますが、インフラの整備不十分なため普及にはまだまだ時間がかかります。



このため、既存の給油所が活用できる、ガソリン改質型や改質効率の高いメタノール改質型の開発が急がれておりますが、燃料改質装置を用いて水素を取り出して、燃料電池に供給する改質方式と、システムを簡略化して燃料電池内で直接改質し発生させた水素を反応に使う直接方式があります。



メタノール、ガソリン燃料の直接方式では、装置がコンパクトになるものの、効率が改質方式より劣ることや、高温に耐える高分子膜の開発が課題となっております。


いずれも、将来、水素を補給できるスタンドが増えれば燃料電池自動車が普及する可能性は十分にあります。


事故車の「修復歴有」表示


燃料電池自動車(FCV)

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000075792/p11689416c.html
| コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
癌治療の現状について解説
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 1 3470
コメント 0 0
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク