大阪で高収入になるために履歴書に書いてはいけないこととは

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://umeda.areablog.jp/mcbeiye

履歴書はデジタル?アナログ?

履歴書には手書きで書く方法とパソコンやワープロを使って書く方法の二つがありあす。


デジタルとアナログ。

どちらの方が人事の人の印象が良いのか気になる事かと思います。

アナログなら一文字一文字丁寧に書けるので、応募の思いが伝わりやすい。
デジタルなら、無駄なく綺麗に書けるので見やすい履歴書を作りやすい。

実は、これは面接を受ける職種によって印象は大きく違います。

基本はやはり昔からの手書きの履歴書の方が評価は高いようですが、データ入力の仕事や経理業務、それに人気のIT業界のような仕事でパソコンをメインに使う業種の場合はアナログの履歴書よりもデジタルの履歴書の方が評価される場合もあります。

また逆に、サービス業や接客業のような丁寧な対応が必要な仕事では、応募条項に履歴者は手書きでお願いします。と書かれている事もあります。

これは応募する人の文字の書き方や等で丁寧さを見極めようとしていることがあります。

このように受けたい業種によって履歴書の書き方も様々になってきますが、やはり一番大切な事は他人が見ても、読みやすい履歴書を書くことが一番大切です。


デジタルで書くなら文字のレイアウトや改行の場所などを考えて読みやすく、アナログで書くなら一文字一文字丁寧に書いて、できる事ならなるべくボールペンなどは使わずに万年筆などの筆記用具で書くことがポイントです。


履歴書を書く時は以上のようにポイントを押さえて書くことが重要だと言えるでしょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000058118/p10922679c.html
履歴書のポイント

履歴書で落とされる理由を知るため

履歴書の段階で選考落ちになってしまうのは、経歴や志望動機などが企業が求めるレベルに達していなかった、という理由もあるのですが、それ以外にも、書き方の問題というのもあるのです。

例えば誤字や脱字といったもので、きちんと確認をした上で郵送、提出をするようにしましょう。

誤字や脱字があると、それだけで選考から落とすという面接官もいるのです。

そういったことが無いように、提出前にはしっかりと確認をするようにしましょう。


また、字が汚いというもの、落とされる理由となります。


綺麗な文字を、では無く、読みやすい文字を書くように意識して書けば、そういったことは無くなるはずです。


コツは、丁寧に一字一字を、ゆっくりと書くことです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000058118/p10912480c.html
履歴書のポイント

読みにくい履歴書はタブー

履歴書の書式にはこだわっていますか。



採用担当者によっては、

何百もある履歴書に目を通さなくては

いけないといったこともあります。



その場合、履歴書を少し見ただけで、

残しておくべきものか、

そうでないかを判断するのです。



なので、読みにくいと判断されれば、

その履歴書はもう読まれることが

無くなってしまいます。



履歴書の読みやすさの判断としては、

使っているフォントの数が多すぎないかどうか

ということをチェックしてみてください。



また強調する書式を使いすぎて

いないかどうかにも気をつけてください。



何事もほどほどが肝心です。



一番重要なポイントとしては、

テキスト量が多すぎないか

どうかということですね。



あまりにも多いと読み手は、

読む気が失せてしまいます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000058118/p10797394c.html
ビギナーのための履歴書

履歴書に空欄はタブー

履歴書に空欄が残ったまま提出しているようでは、

面接はおろか、書類審査にも通ることはないでしょう。



志望動機や本人希望の欄は

応募者が自由に書き込むことができます。



ですが、この自由に書くことができる

というのが困る要因でもあるのです。



そして、そのまま空欄のまま提出するのですが、

当然それでは採用されるわけはありません。



志望動機などは、

別にいい文章を書く必要はありません。



自身がその会社でどんなことをしたいのか

ということを書くことができればいいか

ということなので、感じたことをそのまま

素直に書くことができればいいのです。



なので、空欄にするということは

無いようにしてください。



自分をPRするための欄が空欄であれば、

入社意欲が低いように見られても

おかしくはありませんからね。



履歴書 空欄
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000058118/p10789092c.html
NGな履歴書

履歴書で好印象な志望動機

今回は、少しのテクで志望動機が

よくなる方法を紹介したいと思います。



たくさんの企業に履歴書を送る際に、

同じような志望動機になっていませんか?



採用の担当者からしてみれば、

そんな志望動機というのはすぐに分かってしまいます。



そこで、応募先の企業のオンリーワン

というものに着眼するのです。



そのための企業研究が必要になるということですね。



大変なことのように思われるかもしれませんが、

ポイントを押さえていれば大丈夫です。


まずは、社長はどんな人なのか

ということですね。



志望する会社を創立した人が

どういった人なのかということを

知るのは必要なことです。



実際にサービスを利用したり、

商品を利用するのも一つの方法です。



ユーザーからその製品に携わる側になる

という目線を持つことが大事です。



履歴書 志望動機 好印象
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000058118/p10786501c.html
履歴書のポイント

履歴書に書いてはイケナイ資格

今回は履歴書に書いてはいけない資格

について紹介したいと思います。



書く資格によってはマイナスイメージを

持たれてしまうこともあります。



どういう資格かと言うと、

資格のレベルが低すぎるものですね。



持っている資格が少ない方は、

所有している資格をすべて書かれる傾向にありますが、

非常に低いレベルのものを書いていれば、

やはり良い印象は持たれないでしょう。



資格を書く際には、世間的に取得が難しい

とされている資格かどうかを確認するようにしましょう。



また、実用性があるかどうか

ということも考慮しましょう。



実用性が高い資格といえば、自動車の免許や、

パソコン関係の資格ではないでしょうか。



さきほどの低過ぎないレベルとあわせて

記入できるかをよく考えましょう。



履歴書 書いてはいけない 資格
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000058118/p10784122c.html
ビギナーのための履歴書

履歴書の字を手軽に上達

字というものを、この当ブログでも

何度か紹介してきたことと思います。



就職などの面接時に履歴書の字が

採用の基準になっているなんていう

企業も存在していますからね。



そこで、今回は、手軽に字が上手になる

方法を紹介したいと思います。



一つ目のコツとしては、

上手な字の人をお手本にする

という方法もあります。



2つ目のコツは、ひたすら、

上手な字の人の文字を練習して

繰り返して書くということですね。



お手本をよく見て、

じっくりと書くと効果が高いようです。



頭の中で字の特徴を掴めば、

上手に書けるようになります。



3つめのコツは、

急がずに書くということです。



急いで、走り書きしてしまえば、

字はどうしても雑になってしまいます。



なので、トメやハネといったものを

意識してキレイに書くようにしましょう。



最後は字と字のバランスを考えます。



全体で見た時もキレイに見えるように

字と字のバランスを考えるのです。



履歴書 文字 簡単
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000058118/p10783136c.html
ビギナーのための履歴書

冒頭は大げさに書くのが英文履歴書

前回の記事の続きです。



応募者は履歴書の冒頭から、

少々大げさでも虚偽の無い内容で、

インパクトのある文章を

書いていかなくてはいけません。



全ての履歴書がこのように書かれている

アメリカの文化においては、自信にあふれた

履歴書というものが一般的である

ということは理解していただけたでしょうか。



日本式の履歴書の場合だったら、

自信が無いという風に判断されても

おかしくはないでしょうね。



では、実際に英文履歴書を書くことになった

日本人がいたとして、その送り手は一体

どのような人なのかということを考えてみましょう。



多くは、日本国内の外資系企業

というところではないでしょうか。



その際に担当してくれるのは、

生粋のアメリカ人かもしれませんし、

日本人かもしれません。



その場合、彼らにとって、

英文履歴書はどのように受け止められるでしょうか。



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000058118/p10780767c.html
履歴書のポイント

見た目にこだわる英文履歴書

見かけのチェックをクリアしても、 

その履歴書が最後まで読まれるという保証は

英語の履歴書ではありません。



現場の管理職は多忙なのです。 



 一通の履歴書を見るのにかけられる時間というのは、

 だいたい10秒から30秒ほどですので、

ほとんどの履歴書は最後まで読まれません。 



 では、どんな履歴書なら、

 最後まで読まれるのでしょうか。



 答えは、履歴書の一枚目上部3分の1で、

 残りも読ませたいという風に思わせることが大切なのです。 



 そして、全部読ませた後に、

 この応募者に会ってみたいという風に 

想わせれるかどうかがポイントになります。 



 では、一体どのようにして、 

 その最初の部分で相手の心を 

 つかむことができるのかということを 

 次の記事で紹介したいと思います。


英文履歴書 読ませる テクニック
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000058118/p10778560c.html
履歴書のポイント

欧米の履歴書からの面接では

前回、欧米の面接は現場の管理職が行うものだ

というお話しをしたと思います。



ただでさえ忙しい彼らが、そんなに大量に

送られてきた履歴書をどうやって選別するのかというと、

一瞥するだけなのです。



この一瞥というもので判断される、

いい履歴書というのは、

見かけのいいものということです。



仕事のできる人間なら、見た目やレイアウトがよく、

読みやすさというものを意識して履歴書を

作成するはずという考えなのです。



ですから、レイアウトの悪い履歴書を送った場合は

じっくり読まれることなく、即不採用が決まってしまう

というシステムなのです。



これが、英語履歴書の見た目に

こだわる理由の一つになるのです。



次回はどういう手法があるのか

ということを紹介していきます。



履歴書 欧米
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://umeda.areablog.jp/blog/1000058118/p10775382c.html
ビギナーのための履歴書

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ケンスケイメージ
ケンスケ
プロフィール公開中 プロフィール
履歴書というのは、書いちゃいけないことさえ避けてれば大丈夫!
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 2 10575
コメント 0 0
お気に入り 0 0